睡眠

足先が冷えて眠れない!おすすめの対策はある?

夜寝床につき眠ろうとしているときに、足先が冷えて眠れないということはないでしょうか?

布団に入っても、足先だけあったかくならず、なかなか寝付けないという方もいらっしゃるでしょう。

では、足先の冷えにおすすめの対策はあるのでしょうか。

以下で、ご紹介していきましょう。

足先が冷えると寝付きづらい?

ベッド

足先が冷えることによって、夜なかなか眠れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

足先の冷えは、睡眠の質に影響を及ぼす可能性もあります。

快適な睡眠がとれないことによって、疲れがとれなかったり、翌日の日中眠くなってしまったりという事態にもなりかねないでしょう。

足先の冷えでお悩み中の方は、快適な睡眠のためにも、解決したい問題です。

足先の冷えにおすすめの対策とは?

靴下

足先が冷えてなかなか眠れないという方に、おすすめの対策もあります。

例えば、

  • くつしたははかない
  • レッグウォーマーを履く
  • 湯船につかる

などです。

ほかにもさまざまな冷え対策はありますが、今回は、上記の対策について詳しく解説していきます。

くつしたははかない

足先が冷えているとくつしたを履いて温めたくなるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、靴下を履くことが足先の冷えにつながってしまう場合もあります。

靴下を履くことで、靴下に汗が吸収されてしまい冷えてしまう可能性があるのです。これは、靴下の素材によっても違ってきますので、もし靴下を履いて寝たい場合は放湿性に優れている靴下を選ぶのがおすすめです。

レッグウォーマーを履く

足先の冷え対策には、レッグウォーマーもおすすめです。

レッグウォーマーは足先に布がない為暖かくなるのかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

レッグウォーマーは足首を温めてくれる為、血行をよくしてくれる可能性があり、足先まで温めてくれることもあるでしょう。

湯船につかる

湯船につかることで血行がよくなったり、リラックス効果が得られたりする可能性があるので、足先の冷え対策につながる場合もあります。

しかし、熱すぎるお湯ではなく、38度~40度くらいのお風呂に入るのがおすすめです。

足先の冷え対策についてまとめ

ベッド

足先の冷えには、「くつしたははかない・レッグウォーマーを履く・湯船につかる」などの対策がおすすめです。

ほかにも、さまざまな足先の冷え対策はありますが、人によっても合う対策は違ってくるでしょう。

もしも、足先の冷え対策をしてもなかなか改善しないという場合は、病気のサインである可能性もあるため、注意が必要です。

気になる方は、病院で診てもらうことを検討してみるのもよいでしょう。

ABOUT ME
sakura
快適な睡眠に興味があるライターsakuraです。寝具があまり合っていないのか、快適な睡眠がとれず、睡眠時間が短くなってしまうということもしばしば。しかし、枕を変えたらだいぶ寝にくくなくなったので、ベッドや枕は睡眠にとってとても重要だと思います。快適な睡眠についてご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA