漢字読み講座

「泥む」の読み方がわかりますか?「どろむ」と読まないでくださいね

「泥む」の読み方をご存知でしょうか?

もちろん「どろむ」や「でいむ」はありませんよ。

「泥」という漢字に「どろ」「でい」以外の読み方ってあったっけ?

と、悩んでいる方も多そうですね。

「泥む」の読み方、あなたにはわかりますか?

「泥む」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇む」の3文字です。
  2. 「滞ってはかどらない」「気になって心から離れない」といった意味。
  3. 有名な歌の歌詞に出てきます「暮れ泥む町の…」

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「泥む」の読み方!正解は!?

正解は「なずむ」です!

ヒントにも出しましたが、海援隊の「贈る言葉」の歌詞に出てくる言葉として記憶されている方も多いことでしょう。

「暮れなずむ町の光と影の中…」

「なずむ」という言葉の意味は「滞ってはかどらない」ことです。

「贈る言葉」の歌詞に当てはめて考えると、日が暮れそうでなかなか暮れていかない、夕暮れ時の切ない空の様子を、人との別れに例えて歌っているようにも感じます。

日本の言葉は奥深いですね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA