漢字読み講座

「轟く」は何と読むかわかりますか?「ひびく」は違います

「轟く」は何と読むかご存知ですか?

「ひびく」は間違いです。

確かに車がたくさん集まると騒音が響くので、気持ちはわかりますが…

さて、あなたには読むことができるでしょうか?

「轟く」の読み方のヒントはこちら

  1. 読み方の文字数は送り仮名を除くと3文字で「〇〇〇く」
  2. 意味は「大きく音が鳴り響く」「世間に知れ渡って有名になる」
  3. 「頭上で雷鳴が轟く」「天下に名を轟かせる」などと使います

以上3つのヒントで考えてみてください。

「轟く」の読み方!正解は!?

正解は「とどろく」です!

「響く」と意味が似ていますが「響く」の方は音の大きさよりも、遠くまで音が響いているイメージ。

「轟く」の方は、より大きな音がより強い振動で鳴り渡っているイメージです。

 

「轟」のように同じ漢字を3つ重ねたものに「犇、姦、森、灥、驫」などがあります。

3つ重ねた漢字は概ね、重ねた漢字のものがたくさんあると思えば良いようです。

車がたくさん集まると、さぞかしうるさいので「轟(とどろ)く」なんですね。

 

ちなみに馬が集まった「驫く」も「とどろく」と読みます。

なるほど、馬の鳴き声や駆ける音も「とどろく」と読むのにふさわしい気がします。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA