漢字読み講座

【主役じゃないけど、縁の下の力持ち!それが「副」!】「副える」、あなたは読めますか?

「副」という漢字は、主役に付き添ったり、助けたりする、そんな意味がありますよね。

 

副リーダー、副校長、副委員長・・・など。

 

主役じゃないけれど、この人がいないと始まらない。

そんな漢字の「副」ですが、これに送り仮名の「える」が付くと何と読むのでしょうか?

 

陰ながら重責をまっとうしている「副」に、今こそスポットライトを当てましょう!

 

「副える」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 意味は、漢字と同じ「主役を支える」、「主役と一緒にいる」です。

ヒント➁ 「つけ加わる」というような意味もあります。

ヒント③ 「〇える」の1文字です。

 

「副える」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そえる」です!

 

「そえる」というと、「お供え(おそなえ)」という漢字の方が思い浮かびますが、主役を補佐するような意味合いを正しく伝えているのは「副える」ですね。

 

まさに主役に付き添って、いつもお供として傍らにいる、副リーダーや副校長などの言葉がぴったりです。

 

また、「副反応」や「副産物」という言葉からも分かるとおり、「副える」には「何かを付け加える」というニュアンスもありますので、覚えてしまいましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA