漢字読み講座

【「霜(しも)」と「害」は「しもがい」?】「霜害」、あなたは読めますか?

これは都心に住んでいる人にとっては、馴染みのない言葉で難しいかもしれません。

 

使っている漢字はどちらも「霜」と「害」で簡単なものですが、読めそうで読めませんね。

 

その漢字から、雪国や北国で起こる「霜による害」であることは間違いないようですが、これは何と読むんでしょうか?

 

農家や園芸を嗜む人にとっては嫌というほど味わっている現象でしょうから、サービス問題かもしれません!?

 

「霜害」の読み方のヒントはコレ!

 ヒント① 「しもがい」ではありません。

ヒント➁ 「〇〇がい」の4文字です。

ヒント③ 1文字目の下の部分に注目してください。

 

「霜害」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「そうがい」です!

 

「霜害」とは、漢字そのままの意味ですが、農作物が霜のために受ける被害のことです。

 

主な時期としては、3~4月頃と10~11月頃の2回あり、前者は「晩霜害(おそじもがい)」、後者は初霜害(はつそうがい)と言います。

 

特に、森林に囲まれた場所や冷たい空気が流れ込みやすい地形で起きやすく、自然相手の農家にとっては対策を迫られる厄介な現象といえるでしょう。

 

野菜や果物は、いろんな苦難を乗り越えて作られているんだと、改めて実感しますね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA