漢字読み講座

「三昧」ってなんて読む? もちろん(みみ)ではありません。

「三昧」と書くと、「一味」や「七味」など

唐辛子のイメージを持ってしまいますが、

唐辛子からは一旦離れてみましょう。

 

さて、「三昧」と書いてなんと読むか分かりますか?

「三昧」読み方のヒントは?

(みみ)でも、(さんみ)でもありません。

もちろん、(みあじ)でも(さんあじ)とも読みません。

たとえば贅沢過ぎる時間を過ごす時、なんと言いますか?

「三昧」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇」です。

ひとつの事に熱中したり、思いっきり傾いたりすることです。

さあ、もうわかりましたか?

「三昧」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「ざんまい」

です!

 

ご贔屓のアーティストや芸能人など、

お目当ての推しにどっぷりはまる時間を過ごすなども、

贅沢三昧の時間ですね!

他にも大好きな甘いものを沢山食べた時なども、

スイーツ三昧などと言ったりします。

 

また、仏教では三昧(さんまい)と言われており、

精神を集中し、雑念を捨て去ることと言われています。

夢中になれるものがあると、何でも頑張れますよね。

ぜひ、覚えておきましょう。

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA