漢字読み講座

【今日の難読漢字】「退く」「形相」「戸外」です!これがサッと読めればカッコいい大人!?

今日の難読漢字は

「退く」

「形相」

「戸外」

の3つです。

 

さて、なんと読むか分かりますか?

まず最初の難読漢字は「退く」です!

「退く」と書いてなんと読むでしょうか?

「そこどいて!」とか「そこのいて!」というのも、実は「退く」と書いて正解です!

そして退く(ひく)と読めば、関係を断つ、後ろに下がるという意味になります。

しかし、漢字クイズなので答えは(どく)(のく)(ひく)ではありません。

さて「退く」と書いてなんと読むでしょうか?

「退く」読み方のヒントは?

はじめの試合に負けると、「初戦で退く」こととなり、悔しい気持ちでいっぱいです。

他にも「現役を退く」なんて言ったりします。

嫌だった仕事や役目を降りることができる時、「嫌だから辞める」というよりも「現役を退く」「この業界から退く」と言い変えれば、聞こえがいいですね。

逆に、意地になって一歩も退かない!なんて使い方もできます。

そのまた逆に距離を置くために「一歩退いて考える」なんて使い方もできます。

「退く」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇く」です!

さあ、もうわかりましたか?

「退く」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「しりぞく」

です!

 

余裕がある人でないと、なかなか退くことができません。

ぜひ、覚えておきましょう。

次の難読漢字は「形相」です!

「形相」と書いて、なんと読むか分かりますか?

哲学用語で使う時には(けいそう)と読みますが、もっと一般的な読み方があります。

結構使われている言葉だと思いますし、オカルト好きなら使われる頻度は高いのではないでしょうか?

オカルトな話を読んだり聞いたりしている時の、自分の顔を見たことがありますか?

さて、「形相」と書いてなんと読むでしょうか?

「形相」読み方のヒントは?

形相とは、顔の形や顔つきの事で、特に怒りや嫉妬など激しい感情の現れた顔のことです。

誰でも激しい怒りや嫉妬などがあると、感情と共に激しく顔が変わっていますね。

怒りに満ちた表情を「鬼の形相」とはよく言ったものです。

普段は穏やかな印象の人でも、怒ると形相が変わります。

形相は人それぞれですが、特に怒ると顔のイメージがガラッと変わります。

それが形相です。

他にも「必死の形相」なんて使い方もできます。

「形相」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇〇〇」です!

さあ、もうわかりましたか?

「形相」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「ぎょうそう」

です!

 

あまり人には見られなくない顔ですね。

ぜひ、覚えておきましょう。

最後の難読漢字は「戸外」です!

「戸外」と書いて、なんと読むか分かりますか?

雨戸や網戸の「戸」ですが、(とがい)とは読みません。

しかし、家の外というイメージで正解です!

さて「戸外」と書いて、なんと読むでしょうか?

「戸外」読み方のヒントは?

屋外(おくがい)というと、建物の種類を問わず建物の外になり、屋根があり雨風がしのげる場所の事を指します。

しかし「戸外」は、人の住んでいる家の事を指している言葉です。

学校や体育館、ビルの外というのであれば「屋外」となり、

戸外となれば人の住む家と覚えておきましょう。

一戸建てもマンションも人が住んでいるので「戸外」となります。

もちろん、建物の中ではなく外のことです!

「戸外」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇〇」です!

(とがい)ではありませんよ!

さあ、もうわかりましたか?

「戸外」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

「こがい」

です!

 

野外だと、周りに何も建物が無い事を指しています。

ぜひ、覚えておきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA