漢字読み講座

【見たことない?!】「穿鑿」って何て読む?難読漢字と見せかけて、あの字と同音同義語?!

「穿鑿」

 

初めて見た!という方も多いと思います。

でもよく見聞きするあの言葉と、同音同義語なんです。

 

あなたは読めるでしょうか?

 

「穿鑿」読み方のヒント!

 

見た目が難しく見える「穿鑿」。

 

「穿」は「(穴を)あける」「掘る」という意味。

「雨垂れ石を穿つ」という言葉にも使われています。

 

「鑿」はとある大工道具のこと。

 

つまり穴を開けることを表した言葉なのですが…

 

 

さて、あなたは読めますか?

 

「穿鑿」の読み方、正解は…

 

気になる正解は…

 

 

 

 

「せんさく」

です!

 

「穿鑿」は

「穴を穿ち掘ること」「細かなところまで根掘り葉掘りたずねること」

という意味の言葉です。

 

「鑿」とは、大工道具の「のみ」のこと!

こんな難しい漢字だとは思いませんでしたよね!

 

ところでみなさんは、「せんさく」と聞くと、

「詮索」

こちらの文字を思い浮かべませんか?

 

刑事ドラマなどでも

「余計な詮索をするな!」なんてセリフをよく聞きますよね。

 

実は2つの「せんさく」は、全く同じ意味!

 

どちらも「根掘り葉掘り調べること」という意味ですが、

「穿鑿」から「詮索」の言葉が生まれたのだとか。

 

難解な漢字な上に「詮索」が一般的なので、

ますます難読になっている「詮索」。

これを機に、ぜひ読み方や意味をマスターしてくださいね!

 

 

ABOUT ME
toi
コーヒーと文房具とディズニーをこよなく愛するライター。 漢字検定2級を取得しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA