漢字読み講座

【使い方要注意!】「慚愧」って何て読む?普段の生活でも使える言葉です!

「慚愧

これ、何と読むかわかりますか?

 

「斬る」「鬼」が使われて、

ちょっと怖い印象を与えるこの漢字。

 

さあ、あなたは何と読みましたか?

 

「慚愧」読み方のヒント!

 

「慚愧」は、もとは仏教用語。

ただし「鬼を斬る!」という意味ではありません!

 

読み方は「斬」の音読みがわかれば簡単なのですが…

 

さて、読めたでしょうか?

 

「慚愧」の読み方、正解は…

気になる正解は…

 

 

 

 

「ざんき

です!

 

「慚愧」は、

「見苦しさや過ちを反省し、深く恥じること」を表す言葉です。

 

「見栄を張るためだけに彼女へ嘘をついてしまい、慚愧の念にかられる」

というように、反省の色が濃く、とても後悔している様子を表します。

 

漢字だけを見ると、なんだか冷徹で残虐なことのように感じてしまいますよね。

ですが実際は、反省の弁を述べる時に使える言葉です。

 

もちろんビジネス上でも使えますよ!

 

「私の準備不足でプレゼンに失敗し、慚愧に堪えません。」

「会社の起こした不祥事については慚愧の至りです。」

など、反省と恥が入り混じる状態の時に使えます。

 

もちろん、こんな言葉を使わないような暮らしや仕事が一番ですが、

覚えておくときっと役立つ「慚愧」。

 

しっかり覚えてスマートに読めるようになりましょう!

 

ABOUT ME
toi
コーヒーと文房具とディズニーをこよなく愛するライター。 漢字検定2級を取得しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA