睡眠

早起きが苦手な人におすすめのスッキリ起きる方法とは?

皆さんは、毎朝早起きしてスッキリと起きられているでしょうか?

早起きが苦手という人は、目覚ましを利用していても二度寝してしまい、寝坊なんていうこともあるかもしれないです。

では、早起きが苦手な人はどうして、朝スッキリと起きる事が出来ないのでしょうか。

朝スッキリと起きられない原因とは?

ベッド

早起きが苦手という人は、「睡眠時間の不足・睡眠の質が悪い」などが原因で、スッキリと起きられない可能性があります。

睡眠時間が1日だけではなく、毎日不足しているという場合は、「睡眠負債」になってしまっている場合もあるので注意が必要です。

朝起きられないだけでなく、日中だるくなったり、眠くなったりという悪影響を及ぼす可能性もあります。

また、睡眠の質が悪い場合も、朝だるさを感じる原因になっているかもしれないです。

おすすめのスッキリと起きる方法とは?

ベッドルーム

早起きが苦手でスッキリ起きられないという場合は、「自分に合った睡眠時間をきちんと確保する・良い質の睡眠をとる」ことがおすすめです。

睡眠の質が悪い場合

例えば、睡眠の質が悪くて早起きできていない人は、朝日光を浴びることで体内時計を整えることができれば夜、質の良い睡眠につながる可能性があります。

夜は、カフェインの入った飲み物を摂取し過ぎないよう気を付け、お風呂に入って体を温めるのがおすすめです。

夜寝るときの室温や寝具も睡眠の質に関わってきます。暑かったり寒かったりしないよう室温には注意し、なるべく自分に合った枕やマットレスなどの寝具を利用することがおすすめです。

また、ストレスが溜まることで、睡眠の質が悪くなっている場合もあります。ストレス発散できる趣味などを見つけて、日ごろからストレス発散できるようにしておくのも良いのではないでしょうか。

睡眠時間が不足している場合

睡眠時間が不足していて早起きできていない人は、夜更かしをしないで、自分に合った睡眠時間をきちんと確保すればすっきりと起きられるかもしれないです。

毎日睡眠時間が不足している場合は、睡眠不足がどんどん蓄積し、「睡眠負債」になっている可能性もあります。

日中の活動に影響が出る前に、自分に合った睡眠時間の確保に努めるのがおすすめです。

睡眠時間と質の良い睡眠が大事!

ベッドで寝る女性

睡眠不足と質の悪い睡眠は、スッキリと早起きできない人に大きく関わっている可能性があります。

日ごろから睡眠不足にならないよう、夜更かししないよう気を付ける・質の良い睡眠を心掛けることがスッキリと起きたい人におすすめです。

ABOUT ME
sakura
快適な睡眠に興味があるライターsakuraです。寝具があまり合っていないのか、快適な睡眠がとれず、睡眠時間が短くなってしまうということもしばしば。しかし、枕を変えたらだいぶ寝にくくなくなったので、ベッドや枕は睡眠にとってとても重要だと思います。快適な睡眠についてご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA