睡眠

枕の硬さはどのくらいのものが快眠によいのか?

枕の硬さはどのくらいのものが快眠に良いのでしょうか?

枕の硬さが合っていないと、なかなか寝付けないということもあるかもしれないです。

今回は、枕の硬さについて解説していきます。

枕の硬さが合っていないとどうなる?

枕の硬さが合っていないと、肩や首がこってしまったり、リラックスできなかったりしてしまい、快眠ができない可能性があります。

快適な睡眠にとって枕は重要な寝具です。枕は、高さが合っていないと肩や首がこってしまい、寝にくいという場合がありますが、硬さも睡眠の質に影響する可能性があります。

硬すぎると首を圧迫してしまう可能性があり、頭が痛くなってしまう危険性もある為、注意が必要です。

一方で柔らかすぎても、寝返りがうちづらく、快適な睡眠がとれない可能性もあります。

枕は高さだけではなく、硬さにも注意して選ぶのがおすすめです。

枕の硬さはどのくらいのものがよいか?

枕の硬さは柔らかめのものがよいのか、硬めのものがよいのかは、人によって違います。

柔らかめの枕の方がリラックスしやすいという人もいますし、硬めの枕の方がリラックスしやすいという人もいるでしょう。

どちらがよいかは人によって個人差がありますので、自分のリラックスしやすい枕にするのがおすすめです。

枕の種類

枕の素材の種類はたくさんあり、素材によって硬さが違ってきます。

柔らかめの枕に使われている素材や、硬めの枕に使われている素材を以下でご紹介していきます。

硬めの枕

硬めの枕に使われている素材は、ポリエチレンパイプ・高反発ウレタン・そば殻・高反発ファイバー・マルコビーンズなどがあります。

例えば、ポリエチレンパイプは通気性に優れていて、虫もわきにくいですが、人によってはゴツゴツとしていて快眠できないという人もいるかもしれないです。

硬めの枕が好きという人はこれらの素材のなかから、選ぶとよいでしょう。

柔らかめの枕

柔らかめの枕に使われている素材は、羽毛やポリエステルわたなどです。

羽毛はフワフワとした触感でやわらかく、通気性や吸湿性にも優れています。

注意点は、柔らかすぎる枕は寝返りがうちづらくなってしまう可能性もある為、気をつけてくださいませ。

まとめ

枕の硬さは人によって合うものが違ってきます。

自分がリラックスできる硬さの枕を選ぶことが、快適な睡眠にとって大事です。

柔らかめの枕や硬めの枕で使われている素材を確認しておくことで、枕選びの際検討しやすくなるでしょう。

自分に合った硬さの枕で、快適な睡眠をとってくださいませ。

ABOUT ME
sakura
快適な睡眠に興味があるライターsakuraです。寝具があまり合っていないのか、快適な睡眠がとれず、睡眠時間が短くなってしまうということもしばしば。しかし、枕を変えたらだいぶ寝にくくなくなったので、ベッドや枕は睡眠にとってとても重要だと思います。快適な睡眠についてご紹介していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA