漢字読み講座

「古文書」ってなんて読む?こふみしょではありません!

「古文書」読み方のヒントは?

昔の文章、昔の本という意味合いの言葉ですが、

そのまま「こぶんしょ」でもいいのですがもっと違う読み方があります。

「文」という文字は、

「あや」と読んだり、「ふみ」と読んだり色々な読み方ができる漢字です。

とはいえ、「こあやしょ」でもありません。

「古文書」の「文」の読み方のもうひとつのヒントは?

子どもの頃の、メジャーな習い事のひとつにヒントがあります。

そして同じく、子どもの頃に女の子が夢中になっていたセリフにもあります。

「古文書」の読み方、正解は・・・

正解は・・・

 

 

こもんじょ

です!

 

やっててよかった習い事や、魔法をかける時の呪文など、

大人になると「文」の読み方が限定されてくるので忘れてしまいがちな読み方です。

 

古文書は、古い文書という意味合いで使われており、実際に見かけるのは美術館や博物館くらいでしょうか。

思わず口に出てしまうのは、「こぶんしょ」なので、誰かと古文書を見に行く時には気を付けましょう。

 

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA