漢字読み講座

「野分」の読み方は?「やぶん」と読むのは間違いですよ

「野分」の読み方をご存じでしょうか?

素直に読むと「やぶん」ですが、もちろん間違いです。

小学校で習う簡単な漢字しか使っていませんが、なかなか難読ですね…

さて、あなたには読むことができますか?

「野分」の読み方のヒントはこちら

  1. ひらがなで書くと「〇〇〇」の3文字
  2. 秋から冬に吹く強い風のこと
  3. 野分の候、皆様おかわりなくお過ごしでしょうか

以上の3つのヒントから考えてみてくださいね。

「野分」の読み方!正解は!?

正解は「のわき」です。

「のわけ」でも正解ですが、一般的には「のわき」と読むことが多いでしょう。

野分とは秋から冬にかけて吹き荒れる暴風のことで、草をかき分けるように吹くことから「野分(のわき)」と呼ばれます。

日常ではほとんど使われない言葉ですが「野分の候」はヒントで示したように、時候の挨拶として使われます。

また、俳句では野分は秋の季語として使われる言葉です。

強い風を表す言葉には、台風、突風、暴風、疾風など様々な表現がありますが、野分と呼ぶと情景が浮かび、とても風流に感じますね。

ABOUT ME
mint_02
ライターの眠兎(みんと)と申します。 ひょんな思い付きから漢字検定2級を取得し、それ以来漢字の魅力に取りつかれてしまいました。 まだまだ知らない漢字がたくさんある私ですが、記事を書きながら楽しく勉強していきたいと思っています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA