漢字読み講座

【今日の難読漢字】「嬲る」「惚ける」「山桜桃」「労う」「阿る」ってなんて読む?

今日の難解漢字は、

「嬲る」

「惚ける」

「山桜桃」

「労う」

「阿る」

です!

どれもなんとなく読めそうな漢字ばかりですが、

なんと読むか分かりますか?

1つ目の漢字は「嬲る」です!

男が2人、その間にはさまれた女・・・。なんかいかがわしい感じがするのは私だけでしょうか。

みなさん、この漢字の読み方は分かりますか?

 

「嬲る」の読み方のヒントは??

ヒント① 3文字です。

ヒント② 「女」は「弱い立場の者」、「男」は「強い立場の者」という意味で使われています。

ヒント③ 例文:「猫がネズミを嬲る。」

 

「嬲る」の読み方の正解は・・・


なぶる です。ちなみに音読みはジョウです。

 

「嬲る」は「もてあそぶ」や「いじりまわす」という意味があります。 弱い立場の人をよってたかって苦しめたりするような言葉だそうです。

 

でも最近は、男性より女性のが強かったり、陰険な人だっていますよね・・・・。

 

と思ったあなた!

 

実は、「女が2人+男1人」の「嫐」という漢字もあって、「うわなり」と読みます。

意味も違って、「2人目の妻」という意味だそうです。

 

いずれにしろ、どちらもなんだか生々しい漢字ですね。

2つ目の漢字は「惚ける」です!

読めそうで読めない漢字、そのままにしていませんか?

例えば「惚ける」という漢字、読めますか?

「のろける」ではありません(のろけるは「惚気ける」です)。

あなたは読むことができますか?

「惚ける」の読み方のヒントは?

実は「惚ける」という漢字の読み方は3つあります。

でも、どの読み方で使ったとしても似たような意味になります。

ぼーっとするような、何となく間の抜けたような、しらばっくれるような、そんな印象を与えます。

分かりますでしょうか?

正解は…

正解は…

とぼける・ぼける・ほうける

でした!

この3つの読みすべてが分かったら大したものです。

日常生活や様々な文章でもかなりの頻度で使われるので、覚えておいて損はありません。

これまで間違った読み方をしていた方は、この機会にぜひ正しい読み方を覚えてくださいね。

そして、惚(ぼ)けることがないように日々漢字のトレーニングを続けていきましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました!

3つ目の漢字は「山桜桃」です!

「山に咲く桜と桃」。

 

言葉に出してみると綺麗な情景が浮かんではきますが、この3文字で何と読むかはピンときませんね・・・。

 

そもそも、桜と桃ってピンク色という共通点はありますが、言葉や意味におけるイメージはかけ離れていて、まさに難読漢字の問題といった感じがします。

 

漢字は簡単ですが、いったい何と読むのか一緒に考えていきましょう!

 

「山桜桃」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① これはサクランボのような実をつける植物です。

ヒント➁ 桃というより「梅」です。

ヒント③ 「ゆ〇〇〇め」の5文字です。

 

「山桜桃」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ゆすらうめ」です!

 

「ゆすらうめ」って、皆さんご存じですか?

「ゆすらうめ」は、甘酸っぱい赤い小さな木の実をつける、可愛らしい樹木です。

樹の大きさは、大きくてもせいぜい1~2m程度の小さいもので、盆栽で育てるような大きさと思った方がイメージしやすいです。

 

名前に「桃」や「うめ」が入っていますが、それは木の実が「うっすら縦の割れ目が入っていていて、その形が似ているため」とも言われています。

 

実がなれば、そのまま生で食べても美味しい「山桜桃」。

でも、カラスなどの野鳥にも大人気ですので、実がなったらすぐに食べないとすぐになくなってしまいますのでご注意を!

4つ目の漢字は「労う」です!

誰もが生活するためにお金を稼ぎますが、働くことを「労働」といいますね。

 

その「労」を訓読みにした言葉が今回の問題です!

 

「働くこと」に関係した言葉となりますが、「働くこと」よりも「働いてくれたこと」に注目すると正解が見えてくるかもしれません。

 

こういう気持ちを上司や旦那さんがいつも持ってくれるととても嬉しいものです!

 

「労う」の読み方のヒントはコレ!

ヒント① 「〇〇〇う」の4文字です。

ヒント② 「いつもありがとう」の気持ちを表す言葉です。

ヒント③ 最初の文字は「ね」です。

 

「労う」の読み方の正解は・・・・?

正解は、「ねぎらう」です!

 

「労う」とは、「働いてくれたことに対する感謝の言葉や行為」のことです。

 

家事をしてくれている妻を「労う」、よく働く部下を「労う」などと使いますね。

 

「労う」ものが「労働」だった場合は、「労を労う」となり2重言葉のように見えてしましますが、感謝を伝える大事な行為です。

 

結婚相手や恋人、会社の部下に対しても、上下の関係うんぬんではなく、いつも「労う」気持ちを心に持って生活したいものですね!

5つ目の漢字は「阿る」です!

「阿る」と書いて、なんと読むか分かりますか?
なんと(ある)ではないのです!
さあ、なんと読むでしょう?

 「阿る」読み方のヒントは?

ヒントは全体で4文字、「○○○る」となります!
あまり普段の生活では耳にしない言葉で、時代劇や政治の世界で使われているような、
少し古臭いというか形式張った雰囲気を感じますね。

 「阿る」読み方のもうひとつのヒントは?

最初の文字はズバリ「お」です!
この言葉は、相手に気に入られるように振る舞う、という意味の動詞です。
さて、読み方が思いついたでしょうか?

 「阿る」の読み方、正解は・・・

正解は・・・
「おもねる」
です!
「阿」という漢字には「川や山などの曲がったところ」といった意味があります。
この意味が転じて、自分の意見や感情を曲げて、相手に気に入ってもらえるようにする、
という新しい意味にこの漢字が使われるようになったと言われています。
また阿るは人に対してだけ使う言葉ではなく、その他にも「時代」や「権力」といった
抽象的なものに対しても使われます。
直接的な人や組織などではなく、このように抽象的なものに使うことによって、
その時代が持つ独特の雰囲気や風潮、時代の流れといったものをより大きな逆らえないものの
象徴として表現することができるようになりますね。

 

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
flower
とにかく本が好きです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA