ニトリ

ニトリの低反発枕が安かったから買ってみたら凄すぎて感動した…!

こんにちは、DO-GEN編集部のワタナベです。

これまで無印良品のパイプ&ポリエステル綿の枕(片面パイプ洗えるまくら)を使っていましたが、かなりヘタってきたので買い換えることに決めました。

そこでこのコロナ禍でも増収増益となったことで話題となっているニトリで枕を買おうと、私もニトリ渋谷公園通り店に行ってきました。

 

枕コーナーには多種多様な枕が並んでいます。

一般的なポリエステル綿とは違い、羽毛のように柔らかな感触のマイクロファイバーを使った「ホテルスタイル」シリーズなど、今回狙っている低反発のまくらだけでも5種類ありました。

 

ゆったりサイズや消臭機能付きのものも用意されています。
低反発チップを使ったウレタンの枕も様々な種類が。
高さや機能によって様々な枕が用意されています。

これ以外にも羽毛、パイプ、そばがらなどの中材、、高さ、大きさ、形、そして「洗える」、「消臭」、「接触冷感」など、とにかく多種多様な枕が並んでいました。

こんなに種類があっては選べない…という人のためにまくらの選び方の案内も用意されていました。

まくらの選び方についての案内。寝姿勢と硬さの好みで選ぶのが良さそうです。

ということでかなり悩みましたが、「仰向けで寝る」「高さは中ぐらい」「抗菌防臭機能」「低反発が好み」ということで「かたくなりにくい 低反発まくら」を購入しました。

今回購入したのは「硬くなりにくい波型 低反発まくら」

こちら一般的なサイズですが、袋にギュッと圧縮されて詰まっています。
開封して広げると一気に大きくなります。

袋から取り出すとジワーッと膨らんできます。

1,809円とかなりお手頃の価格ですが、枕カバーも安っぽくなく、縫い目のパイピングもしっかり処理されています。

枕カバーの質感はこんな感じです。

サイズは幅54×奥行33×高さ11cmと十分な大きさです。(個人的に必要以上に大きな枕は好きではないので…)

上から見るとこんな感じです

カバーは外すことができます。中材はあらえませんが、カバーだけは洗うことができます。

枕カバーを外すとこんな感じです。

肝心な寝心地や反発力ですが、非常に寝やすいです。低反発独特のゆっくりと沈み込むフィット感が心地よいです。
波型の形状も、頭の重みを受け止め、首は支えてくれている感覚を感じます。

1,809円でこの寝心地なら非常にコスパは良いと思いました。

反発力はかなり低く、押すとジワーと沈み込んでいきます。

前に使っていた無印良品の「片面パイプ洗えるまくら」と比べると、というデメリットがあります。

皆さんの枕選びのご参考になれば幸いです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA