枕(まくら)

昭和西川のムアツ枕の口コミ・評判を徹底解説!

昭和西川のムアツ枕

マツコ・デラックスのインパクトのあるパッケージが有名な昭和西川のムアツ枕

昭和西川独自の凸凹構造の特殊ウレタンフォームで体圧を放射状に分散させる「ムアツシリーズ」の枕バージョンで、ウレタンシートやパイプの量で簡単に高さを調節できる人気商品です。

昭和西川のムアツ枕の口コミを調べてみると、平面ではなく点で頭をしっかり支えてくれる柔らかな寝心地に絶賛の声が多く上がっています。

そこで今回は、枕難民・枕ジプシーの方や頚椎症でお悩みの方の救世主となっている昭和西川のムアツ枕について、マイナス点も含めて口コミや評判を徹底解説!

使い方や寿命、「プレミアム」や「スリープ スパ」との違い、アウトレットストアの紹介などお得な情報も合わせて昭和西川のムアツ枕の特徴や効果について深掘りしていきます。

仰向けにも横向き寝にもフィットして寝返りが打ちやすい仕様になっているので、良い枕を探している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

昭和西川のムアツ枕を使った口コミと評判を徹底解説!実際に使ってどうだった?

昭和西川のムアツ枕の口コミを調べて、その中でも多く声が上がっている代表的な評価をツイッターやインスタグラム、Amazonから集めました。

実際に使っている方の口コミから、昭和西川のムアツ枕の使い心地を解説していきます。

昭和西川のムアツ枕のツイッターの口コミ評判の一覧

ツイッターの口コミでは、寝心地についての高評価が並んでいます。

「朝までぐっすり熟睡できた」「朝まで全く目が覚めない」など寝心地の良さを絶賛する声が多く、睡眠の質が上がったことによって、いつもより長くよく眠れたと感じている方も。
枕ジプシー・枕難民として日頃から枕選びに悩んでいる方にも好評で、他社から乗り換える方も多く見られました。

凸凹構造の特殊ウレタンフォームが点でしっかり支えてくれるので、頭を乗せても沈み込み過ぎず、幅も大きめで寝返りが打ちやすいとのお声も。

効果面でも、寝起きの肩や首、頭の痛みなどが解消され、一日の終わりに昭和西川のムアツ枕で眠る事で身体の疲れをリセットできると重宝されています。

また、「元々ムアツのマットレスやベッドパッドを使っていて腰の痛みが改善されたので、新しくムアツ枕を購入してみたら枕も良かった!」というムアツシリーズ全体への好意的な口コミも多く見られました。

昭和西川のムアツ枕のインスタグラムの口コミ評判の一覧

 

View this post on Instagram

 

A post shared by しじみママ (@shonanneko)

インスタグラムでも、寝心地についての具体的な高評価が多く見られました。

頚椎症でお悩みの方にとって、高さを調節できる点はもちろん寝つきの早さや、寝返りの打ちやすさや横向き寝での寝やすさが高ポイントとなっています。

また、適度な弾力があるため、首や肩が一切痛くならなかったという嬉しい口コミも。

しかし、枕としてはお値段は結構高めです。特に「プレミアム」や「スリープ スパ」タイプは11,000円超えで、買うのに勇気がいる方もいらっしゃるようですね。

昭和西川にはアウトレットストアもあるので、ツイッターやインスタグラムの口コミではアウトレットで購入している方も多いです。アウトレットストア情報については、最後の「気になるQ&A」にて詳しくご紹介しますね。

昭和西川のムアツ枕のAmazonの口コミ評判の一覧

私は頚椎椎間板ヘルニアで、なかなか合う枕がなく枕難民をしていました。そしてこの枕はついに私を枕難民から解放してくれました。いい所を箇条書きすると、
・適度に柔らかいので首が圧迫される感じの不快感に悩まされることはなくなりました
・パイプやそば殻と違って中の素材が動かないので常に高さが一定で首の位置が安定します
・羽毛と違い深く沈みこまないので首が一定の位置で安定します。また潰れにくい素材なのでせんべい座布団みたいにはなかなかならないです。
・1㎝と2㎝の高さ調整シートが入っているので、高さを微調整して丁度いい高さにできます
・凹凸がある形状であるので首のところがそれほど蒸れずに快適です
はっきり言ってお勧めせざるを得ないクオリティです。頚椎椎間板ヘルニアで枕に悩んでいる人がいたら是非試してみてほしいです。

快適です!
これまでいくつも枕を買い替えてきましたが、やっと落ち着けそうです。
思ったよりも柔らかかったですが、頭に当てて寝てみると適度な沈み具合で、ウレタンの点で支えられるせいかふわっと柔らかく頭を支えてくれる感じがなんとも気持ちいい!
寝るのが楽しみになるくらい、こんなに安心して頭をあずけられる枕は初めてです。
またウレタンの点で凹凸があるためか、熱がこもることがないのも助かります。
高さ調節のシートが2枚付いていましたが、私はとりあえず1枚だけ入れています。横向き寝でもぴったりくる高さになっています。
とにかく、しっかりと支えてくれるけれども圧迫感はない、とても快適な枕だと思います。

仰向けはいいのですが、横を向くとムアツが逆にふわふわして安定しないので、下の調整マットを一番上にしたら安定しました。
ムアツの意味が無いかもしれませんが、その方がとても寝心地はいいです。

寝ていると枕が軽いせいか動いてしまいます。

枕元にタオルを敷いて動かないよう工夫しましたがいつの間にか枕が垂直になっているなど首が余計痛くなりました。

Amazonでの口コミは、77%以上の方が星4つ以上の高評価。

こちらでも、頚椎椎間板ヘルニアの方のお悩みがしっかり解消されていました。
中の凸凹構造のウレタンフォームが動かず、沈み込みも深すぎず、首の位置を一定に保てているのは素晴らしいですね。また、もっちりと弾力がある上に柔らかさもキープされているので、首や頭に当たった時の圧迫感も無いと絶賛されています。

また、特定のお悩みが無い方からも、安心して頭を預けられ、熱がこもることもなく、ふわっと気持ち良い寝心地と高評価。

しかし、その柔らかさや軽さなど、ムアツ枕ならではのメリット部分がマイナス評価になることも。

昭和西川のムアツ枕の低評価の口コミで結構多いのが、「軽すぎて枕が動いてしまう」「ふわふわし過ぎて寝にくい」というもの。メーカーの推しであるムアツ感が人によっては寝づらく感じられ、高さ調整のためのウレタンシートを一番上にして寝ている方もいらっしゃいました。

昭和西川のムアツ枕を使った人の口コミについてまとめ

  • 寝つきが早くなり、朝まで目が覚めずにぐっすり熟睡できる
  • 横向きになってもフィット感が良く、寝やすい
  • ふわっと柔らかく頭を支えてくれて、圧迫感が無い
  • 寝起きの肩や首、頭の痛みが無くなった
  • 頭を乗せても沈み込み過ぎず、幅も大きめなので寝返りが打ちやすい
  • 凸凹の構造上、熱がこもることがなく快適
  • 潰れにくい素材で、へたりにくい
  • 高さを微調整して自分に合った高さで眠れる
  • 日中で溜め込んだ肩の凝りも、ムアツ枕で寝ることで朝にはリセットされる
  • 枕にしては値段が高め
  • 軽すぎて枕が動いて寝つけなかった
  • ムアツ面がふわふわし過ぎて寝づらい

特殊な凸凹構造が点で頭を支え、適度な弾力とふわふわの柔らかさ。
寝心地については全体的にとても高い評価となっています。

また、潰れにくい素材でへたりづらい上に熱がこもりにくく、長く快適に使えるのもポイントが高いですね。頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症でお悩みの方のお助け枕としても活躍しています。

昭和西川のムアツ枕の口コミから分かった効果や特徴を解説!

昭和西川のムアツ枕の口コミを収集してみると、安定した寝心地で多くの方の睡眠の質が改善されていることがわかりました。

具体的な昭和西川のムアツ枕の特徴を押さえて、口コミから分かったリアルな効果を解説していきます。合わせて、良い口コミと悪い口コミもまとめて見ていきましょう。

昭和西川のムアツ枕の特徴は?

昭和西川のムアツ枕昭和西川のムアツシリーズは、なんと1971年から展開されているロングセラーの人気シリーズ。

ムアツの仕様は、上記の画像のようにタマゴ型の凸凹のウレタンによって点で支え、体圧を水平・放射状に分散させる設計となっています。

昭和西川のムアツ枕は、このタマゴ型の凸凹構造を採用した枕で、吸放湿性の高い特殊なウレタンフォームが使われています。また、へたりづらく適度な弾力のあるウレタン素材で、空気が流れやすく熱がこもりにくい仕様になっています。

抗菌防臭のポリジン加工が施され、通気性の良いメッシュ素材の側地は丸洗いもできるので清潔感もしっかりキープしてくれます。

昭和西川のムアツ枕

一般的にムアツ枕とよばれているものには、スタンダードな四角い「MP2050」と、コロンとした丸形の「プレミアム」と呼ばれる「MP2100」の2タイプがあります。

スタンダードタイプはパイプの出し入れで4つの部位の高さが調節できて、「プレミアム」は高さ調整シートを出し入れするだけで簡単に自分に合った高さにすることができます。

昭和西川のムアツ枕の効果はどうだった?

昭和西川のムアツ枕効果面で注目すべき口コミは、頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症でお悩みの方からの絶賛の口コミ。凸凹のウレタンフォームによって首が一定の位置で安定し、適度な弾力と優しい寝心地で安心して眠れている方が多いようです。

また、「鼻呼吸でも苦しくならなかった」というお声から、睡眠時に気道も自然に確保できていることがわかります。横向きになっても自然にフィットし、翌朝に「首や肩、頭の痛みが一切無かった」という口コミも。ムアツ設計による頭や首を支える安定感の高さが、高評価に繋がっています。

また、上下を逆さにすることで高さを簡単に調整できたり、パイプやウレタンシートで枕自体の高さを微調整できる細やかな気遣いで、自分に合った高さで熟睡できている方が多く見られました。睡眠の質がグンと上がって、いつもよりも長く寝たような爽快な気分で目覚められるのは最高ですね。

昭和西川のムアツ枕の口コミを調査してわかった悪い点

昭和西川のムアツ枕のデメリット
  • 枕にしては値段が高め
  • 軽すぎて枕が動いて寝つけなかった
  • ムアツ面がふわふわし過ぎて寝づらい

昭和西川のムアツ枕は、スタンダードタイプで5,500円。「プレミアム」や「スリープ スパ」シリーズは11,000円超えと枕にしては結構お高めです。楽天やAmazonなどで安くなっている時にポイントを使って購入したり、アウトレットストアで購入している方も多いです。

お値段が気になる方は「エコメッシュ」タイプであれば、7,700円と比較的安いです。

また、人気商品の「プレミアム」タイプは800gの軽さで、枕本体が軽すぎて動いてしまって寝づらかったというお声や、ムアツ面のふんわりした寝心地自体が合わなかったという口コミも見られました。

昭和西川のムアツ枕の口コミを調査してわかった良い点

昭和西川のムアツ枕のメリット
  • 寝つきが早くなり、朝まで目が覚めずにぐっすり熟睡できる
  • 横向きになってもフィット感が良く、寝やすい
  • ふわっと柔らかく頭を支えてくれて、圧迫感が無い
  • 寝起きの肩や首、頭の痛みが無くなった
  • 頭を乗せても沈み込み過ぎず、幅も大きめなので寝返りが打ちやすい
  • 凸凹の構造上、熱がこもることがなく快適
  • 潰れにくい素材で、へたりにくい
  • 高さを微調整して自分に合った高さで眠れる
  • 日中で溜め込んだ肩の凝りも、ムアツ枕で寝ることで朝にはリセットされる

メリット面は、ふわっと柔らかながら頭をしっかり支えてくれる寝心地の良さに高評価が集中しています。

ハッキリとした効果として、肩や首、頭の痛みが解消されていることや、頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症でお悩みの方にも首の位置が一定に保たれて安心して眠れると高評価。

素材感についても、熱のこもりづらい通気性の良さや、へたりにくい丈夫な素材に好意的な評価が集まっています。

横向きになってもちょうど良いフィット感で、寝つきも早くなり、朝までぐっすり熟睡できたと寝心地について絶賛する口コミが多く見られました。

昭和西川のムアツ枕の料金を商品別に比較しました

画像 料金(税込) 備考
ムアツまくら
MP2050(MP5000/MP8050)
昭和西川のムアツ枕 5,500円 ・パイプとムアツのリバーシブル
ムアツまくら
(「プレミアム」)
MP2100(MP8100/MP10000)
昭和西川のムアツ枕 11,000円
ムアツ スリープ スパ ピロー
High(高め)
昭和西川のムアツ枕 13,200円 ・高弾性
・高通気
・低反発
(3種類)
ムアツ スリープ スパ ピロー
Low(低め)
昭和西川のムアツ枕 11,000円 ・高弾性
・高通気
・低反発
(3種類)
ムアツ枕
ニュータイプ
昭和西川のムアツ枕 11,000円 ※高さ調整なし
ムアツ枕
エコメッシュ
昭和西川のムアツ枕 7,700円 ※高さ調整なし
・パイプとムアツのリバーシブル

パイプとムアツのリバーシブル&4つの部位をパイプの量で自由に高さ調節できる「ムアツまくら MP2050」が、昭和西川のムアツ枕の中では一番リーズナブルな5,500円です。

その次に、地球に優しい帝人エコメッシュ素材を採用した「ムアツ枕 エコメッシュ」が7,700円。

その他は全て11,000円超えと少々お高めの値段設定です。

一番最初にムアツ枕を体験するなら、スタンダードな5,500円の「MP2050」でお試ししてみても良いですね。パイプ面とのリバーシブルですが、ムアツ面を上にして寝た場合、パイプ感はほとんど感じられない仕様になっているので、パイプ枕が苦手な方も安心してトライできますよ。

昭和西川のムアツ枕と他の人気の快眠枕を徹底比較

比較表は編集部でいれるので、他商品と比較した文章だけ執筆頂ければOKです

昭和西川のムアツ枕と同じような3D構造の枕として、「HANAKARI  ハニカム よこむき寝ジェルまくら」も人気商品です。こちらは三角形を組み合わせた特殊構造。ぷるぷるのゲルは復元率も高く、睡眠時の首筋の角度に合わせてしっかりサポートしてくれる枕です。価格は4,589円。

もうひとつ、立方体を組み合わせた「LEEKEY 無重力枕」も3D構造の人気の快眠枕です。独立した立方体によって、寝返りを打つ度に頭や首に360度フィットする仕様で、付属カバーにもメモリーコットンが採用されて肌に触れる部分も安全です。適度な沈み込みでサポート力が高く、価格は3,980円の安さです。

また、枕難民の方からも好評なのが、「GOKUMIN takumi グランピロー ボディピロー 枕」。こちらは頭や首だけでなく上半身まで支えてくれるワイドサイズで、なんと高さ調整は14段階。こだわりの上質なニットカバーも付属され、イマイチ自分に合った枕に巡り合えない方にも細かい調整ができる所が人気です。価格は5,980円。

昭和西川のムアツ枕とよく比較されているのが、「テンピュール オリジナルピロー」。テンピュール独自の寝心地を枕にも活かしたもので、ストレートネックを防ぎ、理想的な寝姿へ導いてくれます。仰向けにも横向き寝にも対応するデザインで、価格は15,675円。

昭和西川のムアツ枕とムアツ枕プレミアムの違いは?

画像 料金(税込) 備考
MP2050
(MP5000/MP8050)
昭和西川のムアツ枕 5,500円 約50×35㎝
MP2100
(MP8100/MP10000)
昭和西川のムアツ枕 11,000円 約60×37㎝
プレミアム

昭和西川のムアツ枕昭和西川のムアツ枕には様々な種類があり、「ムアツ」のウレタンフォーム面とパイプ面のリバーシブルで使える「MP2050」が一番安価でスタンダードなタイプです。

こちらは四角のデザインで、4つに分かれたパイプポケットのパイプの量を調整することで、首や頭部、両サイドなど4つの部分を0~4cm程度まで自由に調整することができます。

片面がパイプになっているので通気性も良く、季節に合わせてリバーシブルでどちらの寝心地も楽しめます。なお、ムアツ面で寝た場合、底にあるパイプ感をほとんど感じられない仕様になっているので、パイプ枕が苦手な方でも通気性目当てで購入する方が多いようです。

昭和西川のムアツ枕対して、一般的に「プレミアム」と呼ばれているのがコロンとした形の「MP2100」。ツイッターやインスタグラムでムアツ枕を購入している方が上げている画像は、多くがこのプレミアムタイプです。

こちらは、1cmと2cmのウレタンシートが底に入っていて、シートの出し入れで0~3cm程度まで高さ調整ができるようになっています。
昭和西川のムアツ枕こちらの「プレミアム」タイプはサイズ感も「MP2050」より幅10cm、高さ2cmほどビッグサイズになっていて、寝返りを打った時に頭が枕から落ちにくい所も人気です。

また、上下でなめらかな高低差があるので、枕を上下逆にすることで高め・低めを簡単にチェンジすることができます。コロンとした可愛い形は仰向けにも横向き寝にも自然に対応する設計で、寝やすさを追及した人気商品です。

昭和西川のムアツ枕の使い方は?

昭和西川のムアツ枕プレミアムタイプのムアツ枕「MP2100」は、ファスナーを開いて1cmと2cmの高さ調整シートを出し入れすることでちょうど良い高さに調節することができます。

また、枕を上下逆さにすることでも「高め」「低め」の2種類の寝心地を試せます。

自分に合った高さに調節するポイントとして、まずは仰向けで寝た時に深く深呼吸が出来るかどうかを確認します。

次に、横向きになった時に変な圧力を感じないかどうかも重要なポイントです。
ムアツ枕は構造上、横向き寝にも対応する仕様になっていますが、一度横向きでも寝てみて、より圧迫感の無い高さに調節するようにしましょう。

最後に、寝返りが打ちやすいかどうか、ゴロゴロと左右に頭を動かしてみましょう。

①仰向けで深く深呼吸ができる
②横向きでも特に圧迫感ナシ
③自然に寝返りが打てる

上記3点を確認することで、枕の高さが自分に合っているかを見極めることができますよ。

昭和西川のムアツ枕のスリープスパの口コミは?実際に使ってみてどう?

3種類 2タイプ 画像 料金(税込) サイズ
①高弾性
②高通気
③低反発
 

High
(高め)
昭和西川のムアツ枕 13,200円 約65×36㎝
Low
(低め)
昭和西川のムアツ枕 11,000円 約65×36㎝

「ムアツ スリープ スパ ピロー」は、硬さや通気性の異なる3種類のラインナップがあります。

さらに、「High(高め)」と「Low(低め)」の2タイプの高さがあり、合計で6種類の枕から選べます。

昭和西川のムアツ枕構造としては、「ムアツ枕 プレミアム(MP2100)」と同じようにムアツ構造のウレタンフォームの下に高さ調節のためのウレタンシートが2枚入っています。「プレミアム」と異なるのは、1cmの高さ調整シートが2枚入りで、0~2cm程度の高さ調節となっている点。

スタンダード&プレミアムの「ムアツ枕」の方が高さ調節の幅としては優れていますが、この「ムアツ スリープ スパ ピロー」の場合は、「高弾性」「高通気」「低反発」の3種類から選択できます。

硬めの枕が好みの方や、マットレスと合わせて柔らかい枕を探している方のためのムアツ枕シリーズとも言えますね。

実際に使用している方の口コミを見てみると、昭和西川の「スリープスパ」のマットレスやベッドパッドを使用している方がセットで使っているパターンが多いです。

何度か過去にもこちらでお世話になっています、
スリープスパのベッドパッドを利用し、こちらの枕を使ったら頸椎症が少し落ち着きました。
前の物がへたってきたので、思い切って新しく購入しました。
寝返りが楽に思います。

私には、少し高さが足りない感じですが、知らずに下に腕を入れて、寝ていたりしますが寝心地は、よいと思います。両端がやや硬いのが、ちょうどよく横向き時に重宝します。

MP8100ももっていますが、なぜか寝てる間に逃げてしまうので、四角いのを探してました。
高反発タイプを購入しましたが、こっちの方が、枕が大きくて、寝ているあいだも動かなくて、寝心地はいいです!寝返りゴロゴロするタイプの人にはいいも思います。でも!
寝付くまでは、とくに、ギュムギュムいう音がうるさ~い!!
(MP8100は、音はしなかったので、こんな音がするとか想像してなかった…)
ギュムギュム音さえなんとかなったら満点の枕なのになぁ…と思う毎日です。
追記—
高さ調整のシートが、ギュムギュムいうみたいで。
これの代わりにバスタオル入れたら大丈夫に。

通常の「ムアツ枕」や「プレミアム」より大きめサイズなので、より寝返りがしやすく、枕が動きづらく快適というお声が多く見られました。

全体的に「高弾性」を購入している方が多く、「高弾性」タイプに高評価が集中しています。対して「高通気」タイプは予想以上に沈み込みが深いというマイナスな口コミも見られるので、硬めの枕を探している方は迷わず「高弾性」を選んだ方が良さそうですね。

また、「スリープスパ」シリーズは、従来の「ムアツ枕」と比較して、スタイリッシュな見た目についても好意的な口コミが多かったです。

しかし、高さ調整シートの音が気になる場合や、イマイチ高さが合わず枕に腕を挟んで寝ているという口コミもあり、せっかくの高さ調整シートが逆に不満を集めてしまっている印象もありました。

昭和西川のムアツ枕の寿命は?替え時のサインは?

昭和西川のムアツ枕昭和西川のムアツ枕の寿命は、およそ7~8年と言われています。
これは「スリープ スパ」シリーズも同じです。

しっかりした特殊ウレタンフォームが採用されているため、通常の枕と比較すると寿命は長めでコスパ面でも優秀です。

ウレタンフォームのもっちり感が無くなってきて、以前よりも弾力を感じづらくなった時が買い替え時のサイン。劣化した枕をそのまま使っていると身体への負担が大きくなってしまうので、ふっくら感が無くなってきたら新しい枕へ買い替えるようにしましょう。

日頃から側地を洗濯したり、中のウレタン部分を影干しするなど、こまめにお手入れすることで長く快適に愛用できますよ。

昭和西川のムアツ枕を使う際に気になるQ&A一覧

番号 質問
昭和西川のムアツ枕のお手入れ方法は?洗える?
昭和西川のムアツ枕には別売りのカバーはある?
昭和西川のムアツ枕が買えるアウトレットストアはある?

昭和西川のムアツ枕の気になるQ&Aでは、昭和西川のオンラインストアのHPに掲載されている枕のお手入れ方法からご紹介します。

ストックしておくと便利な別売りのカバーや、お得に購入できるアウトレットストア情報もあわせて見ていきましょう。

1.昭和西川のムアツ枕のお手入れ方法は?洗える?

昭和西川のムアツ枕昭和西川のムアツ枕は、メッシュ素材で出来ている側地は外して丸洗いできます。

商品によって異なるので、洗濯表示を見ながら手洗いやつけ置きなどその商品に適した方法で洗うようにしましょう。

また、中材のウレタンフォームは洗濯できないことと、天日干しすると色落ちなど劣化してしまう恐れがあるので、室内に立てかけたり影干しして風を通してあげることで清潔に長く使えます。

中材にパイプが入っているスタンダードタイプは、パイプを洗濯ネットに入れて洗って、しっかり水気を切って、完全に乾いてから詰め直すようにしましょう。

2.昭和西川のムアツ枕には別売りのカバーはある?

昭和西川のムアツ枕昭和西川のムアツ枕には、別売りでパイル地や今治製などの枕カバーが用意されています。
Amazonや楽天でも手軽に購入できますよ。

ストレッチタイプのピローケースはグーンと伸びていろんな枕に対応してくれる優れモノで、ぴったりフィットするので外れにくく使いやすいところが魅力です。パイル地であれば夏場の汗をかきやすい時期でも本体を汚さずに使えますね。

こまめに洗濯して清潔感をキープするためにも、枕カバーは複数枚ストックしておくと便利です。

3.昭和西川のムアツ枕が買えるアウトレットストアはある?

昭和西川のムアツ枕昭和西川のムアツシリーズは、全国の以下のアウトレットストアでも取り扱いがあります。

・SN NISHIKAWA 三井アウトレットパーク 札幌北広島
・SN NISHIKAWA 仙台泉プレミアム・アウトレット
・昭和西川    草加ファクトリーアウトレット店
・SN NISHIKAWA 三井アウトレットパーク 木更津
・SN NISHIKAWA 酒々井プレミアムアウトレット
・SN NISHIKAWA 土岐プレミアム・アウトレット
・SN NISHIKAWA 三井アウトレットパーク 北陸小矢部
・SN NISHIKAWA 軽井沢・プリンスショッピングプラザ

リンク先にアウトレットストア以外の取り扱い店舗も記載されているので、近所にお店がある場合は寝心地を試しに行ってみてくださいね。

昭和西川のムアツ枕の基本情報

正式名称 昭和西川のムアツ枕
会社名 昭和西川株式会社
住所 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町1-4-15
電話番号 03-6858-5670(代表)
お問い合わせ ・フリーダイヤル:0120-711-033
受付時間 10:00~17:00(土日・祝日・年末年始を除く)
・ムアツに関するメールお問い合わせ
muatsu@showanishikawa.co.jp

昭和西川では様々な質の良い寝具を取り扱っていますが、特にムアツシリーズには専用のお問い合わせ用のメールアドレスがあります。

昭和西川のムアツ枕について気になることがあれば、上記の専用アドレスからメールで問い合わせましょう。

昭和西川のムアツ枕についてまとめ

昭和西川のムアツ枕についてまとめ
  • タマゴ型の凸凹構造の特殊ウレタンフォームが点で頭や首をしっかり支える
  • 仰向けにも横向き寝にも対応する設計で、高さ調整も簡単
  • 首が一定の位置で安定して朝までぐっすり熟睡、肩や首、頭の痛みも解消
  • 適度な弾力と柔らかさで安心できる寝心地
  • アウトレットストアにてお得に購入もできる

昭和西川のムアツ枕は1971年から展開する人気のムアツシリーズの枕タイプで、もっちりとした弾力とふわっとした柔らかさで極上の寝心地を実現。

安心して頭を預けられる寝心地で、肩や首、頭の痛みが解消されたり、頚椎症の方からも安心して朝までぐっすり熟睡できると絶賛されています。

また、凸凹構造の特殊ウレタンフォームはへたりづらく、空気も通しやすいので通気性も抜群。気分を変えたい時は、専用のピローケースも販売されています。

枕としては少々お高めですが、アウトレットストアでお得に手に入る上に、実店舗なら気軽にお試しもできますよ。

【2022年】枕おすすめ人気ランキングはこちら!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA