枕(まくら)

【2022最新】ドーナツ枕の人気おすすめランキングTOP10を徹底解説!

仲地
仲地
こんにちは、DO-GEN編集部の仲地です。

  • 赤ちゃんが絶壁頭になってしまわないか不安
  • 赤ちゃんの頭の形が細長くて気になる……

と、お悩みではありませんか?

赤ちゃんの頭の骨はとてもやわらかく、骨のつなぎ目が動きやすい状態だと言われています。

赤ちゃんを平らな場所に寝かせたり、一方向への寝返りの向き癖があると、頭の形が歪んでしまうことも。

かわいい我が子だからこそ、頭の形がキレイになるよう整えてあげたいですよね。

そんな悩めるママにご紹介したいのが、赤ちゃんの頭の形を整えてくれる効果がある「ドーナツ枕」。

ドーナツ枕は、赤ちゃんの頭の形を丸くキレイに整えてくれる効果があるとSNSでも人気の商品です。

今回は、ドーナツ枕の人気おすすめランキングTOP10を徹底的にご紹介します!

目次

ドーナツ枕とは?

ドーナツ枕

ドーナツ枕とは、文字通りドーナツ型の枕のことで、主に赤ちゃんが使う用の枕です。

1日の大半を寝て過ごす赤ちゃんは、大人が使うような枕を使ったり、平らな場所で寝かせたりすると、後頭部が絶壁になってしまうことがあります。

ドーナツ枕は真ん中がくぼんでいるため、

  • 赤ちゃんの後頭部が絶壁になるのを防ぐ
  • 左右どちらかを向いて寝る「向き癖」を矯正する

といった効果が期待でき、SNS上でも多くのママから支持されている枕なのです。

ドーナツ枕の選び方を3つのポイントで解説!

赤ちゃんにとってうれしい効果が期待できるドーナツ枕。

ネットで検索すると、とにかく商品数が多く「いったいどれにすればいいのか分からない!」と迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

我が子にぴったりなドーナツ枕を選ぶために、ドーナツ枕の選び方を3つのポイントに分けてご紹介します!

ドーナツ枕の選び方1.赤ちゃんの月齢に合うものにする

ドーナツ枕

ドーナツ枕は、赤ちゃんの月齢に合わせて選ぶのがおすすめです。

ドーナツ枕は、メーカーや商品によって対象月齢が違います。

  • 0ヶ月〜3ヶ月の新生児向け
  • 4ヶ月〜12ヶ月の赤ちゃん向け
  • 0ヶ月〜24ヶ月までの幅広い赤ちゃんが使える

など、さまざまなタイプのドーナツ枕があるため、我が子の月齢にぴったりな枕を選びましょう。

対象月齢が限られているドーナツ枕にも、対象月齢が幅広い枕にも、それぞれメリットとデメリットがあります。

対象月齢が限られているドーナツ枕のメリット・デメリット
  • メリット…月齢ごとの頭のサイズ・やわらかさに合う枕を選べる
  • デメリット…成長するごとに買い替えが必要(大体1〜2回ほど)
対象月齢が幅広いドーナツ枕のメリット・デメリット
  • メリット…何度も買い換える必要がなく長く使える
  • デメリット…新生児だとサイズが合わない可能性がある

対象月齢が限られているドーナツ枕も、対象月齢が幅広いドーナツ枕も、どちらも人気商品です。

もしどちらにするか悩む場合は、念のため購入前にサイズを確認しておくといいでしょう。

ドーナツ枕の選び方2.目的にあう機能性で選ぶ

ドーナツ枕

ドーナツ枕は商品によって形に違いがあり、機能もさまざまです。

  • 絶壁頭を防止する
  • 高い通気性で「あせも」を予防する
  • 吐き戻しを防止する
  • 寝返りで窒息するのを防ぐ
  • 保冷機能で夏でも涼しく使える

といった機能があるので、「どんな機能を重視するのか」で枕を選びましょう。

ドーナツ枕によっては、「絶壁頭・吐き戻し・あせもを予防する」といった、さまざまな機能を兼ね備えたタイプもあります。

夏に使いたい場合は保冷機能のあるタイプを選んだり、吐き戻しが多い場合は吐き戻し防止機能もあるタイプを選んだり、季節や赤ちゃんに合わせて選ぶのがポイントです。

ドーナツ枕の選び方3.赤ちゃんの肌にやさしい素材のものにする

ドーナツ枕

ドーナツ枕は、赤ちゃんの肌にやさしい素材のものを選ぶのがポイントです。

  • 綿100%
  • 汗を吸い取るパイル生地

だと肌触りがよく、吸湿性や通気性に優れているため安心して使えます。

赤ちゃんは睡眠中に汗をよくかくので、通気性が悪いと肌が荒れてしまうことがあります。

また綿100%やパイル生地のドーナツ枕は、まるごと洗えるタイプが多いのも特徴です。

赤ちゃんは、よだれや吐き戻しで枕を汚してしまうことがあります。ドーナツ枕を買うときは、洗濯できるかどうかも重視して選んでみてください。

ドーナツ枕10社を3つのポイントで比較!

画像 金額 機能 素材 月齢
ESMERALDA(エスメラルダ) 「インサート式ドーナツ枕」 エスメラルダのドーナツ枕 2,980円(税込) ・絶壁頭を予防する
・向き癖を直す
・寝ハゲを予防する
綿100% 3ヶ月(首座り)〜1歳ごろまで
Adokoo ベビー枕 Adokooのドーナツ枕 2,980円(税込) 絶壁頭を予防する ・綿100%
・低反発
1ヶ月〜3歳
東京西川 「医師がすすめるドーナツ枕」 東京西川のドーナツ枕 1,299円(税込) ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
・綿100%
・ポリエステル100%
Sサイズ(新生児〜3ヶ月)Lサイズ(12ヶ月〜24ヶ月)
サンデシカの「The Pillow Baby(ザ・ピロー ベビー)」 The Pillow Baby(ザ・ピロー ベビー)のドーナツ枕 2,970円(税込) 絶壁頭を予防する ・綿80%
・ポリエステル20%
新生児〜3ヶ月ごろまで
ジオピロー ジオピローのドーナツ枕 7,590円(税込) ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
メッシュ素材 Sサイズ…0ヶ月〜6ヶ月
Mサイズ…6ヶ月〜24ヶ月
Hugmuu(ハグムー) ハグムーのドーナツ枕 2,880円(税込) ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
・綿100% 0ヶ月〜12ヶ月ごろまで
テラスベビー 「フルーツ&ベジタブルピロー」 テラスベビーのドーナツ枕 1,000円(税込) 絶壁頭を予防する ・綿100%
・ポリエステル100%
0ヶ月〜
おやすみクール おやすみクールのドーナツ枕 2,490円(税込) ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
・綿100%
・ナイロン63%
・ポリエステル37%
6ヶ月〜
クラフトホリック ベビー枕 クラフトホリックのドーナツ枕 2,640円(税込) ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
・綿100% 0ヶ月〜
アンドココ(&COCO) アンドココのドーナツ枕 2,000円(税込) ・絶壁頭を予防する
・寝ハゲを防止する
・吐き戻しを防止する
・綿100%
・低反発
0ヶ月〜12ヶ月ごろまで

おすすめドーナツ枕の、10社の比較表を作ってみました。

ドーナツ枕の価格は1,000円〜7,000円代と幅広く、平均金額は「3,118円」です。

金額が安いものは機能が少ないため、機能性を重視する人は2,000円以上のドーナツ枕を選ぶといいでしょう。

ドーナツ枕によっても対象月齢は異なりますが、0ヶ月の新生児から3歳まで幅広く使えます。

赤ちゃんの成長に合わせてぴったりなサイズに買い換えることで、より効果を発揮してくれるでしょう。

素材は通気性の高い綿やパイル素材がほとんどで、安心の日本産の枕もあるのがうれしいポイント。

より安心と安全を求める人は、日本産のドーナツ枕を選ぶのがおすすめです。

【2022年最新】ドーナツ枕の人気おすすめランキングTOP10!

ドーナツ枕を選ぶにしても、機能性も価格もどれもゆずれないポイントですよね。

2022年最新版の、ドーナツ枕の人気おすすめランキングTOP10をご紹介します!

ドーナツ枕1位:ESMERALDA(エスメラルダ) インサート式ドーナツ枕

エスメラルダのドーナツ枕
料金 2,980円(税込)
機能性 ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
・寝ハゲを防ぐ
サイズ 横28×縦24×高さ4cm
備考 日本製/まるごと手洗い可能/生地綿100%/豊富なカラーバリエーション/高さ調整可能/通気性◎
対象月齢 3ヶ月(首座り)〜1歳ごろまで

数あるドーナツ枕の中でもっともおすすめなのが、ESMERALDA(エスメラルダ)の「インサート式ドーナツ枕」です。

ESMERALDA(エスメラルダ)のドーナツ枕は、

  • 絶壁頭を予防する機能が高い
  • 豊富なカラーと柄で見た目もかわいい

という効果に特化した優れもの。

SNSでも多くのママから支持されている、大人気の枕なのです。

ESMERALDA(エスメラルダ)のドーナツ枕は、付属のインサートを使えば、高さ調整が可能なのもうれしいポイント。

半月型のインサートを枕とベッドの間に差し込むことで、赤ちゃんの寝相に合わせて向き癖を直せます。

ESMERALDA(エスメラルダ)はこちら

ドーナツ枕2位:Adokoo ベビー枕

Adokooのドーナツ枕
料金 2,980円(税込)
機能性 ・絶壁頭を予防する
・向き癖を矯正する
サイズ 42×25×3cm
備考 低反発/カバーのみ洗濯可能/生地綿100%/選べるカラーバリエーション/通気性◎/30日間返品保証付き/1年間品質保証付き
対象月齢 1ヶ月〜3歳

Adokooのベビー枕は、横長の低反発ドーナツ枕です。

  • 横幅があるので寝返りを打っても安定する
  • 頭の形にやさしくフィットする

といった効果が期待できます。

低反発素材が、赤ちゃんの頭・頚椎・肩をしっかり支えてくれるのが人気の秘訣です。

低反発素材なので、枕をまるごと洗濯はできませんが、カバーは洗濯可能なので清潔に使えるのがうれしいポイント。

万が一赤ちゃんに合わない場合は、30日間返品可能な保証が付いているため、安心して使えます。

Adokooはこちら

ドーナツ枕3位:東京西川 医師がすすめるドーナツ枕

東京西川のドーナツ枕
料金 1,299円(税込)
機能性 ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
サイズ Sサイズ(21X21cm)Lサイズ(34X21cm)
備考 日本製/まるごと手洗い可能/パイル生地/豊富なカラーバリエーション/高さ調整可能/通気性◎
対象月齢 Sサイズ(新生児〜3ヶ月)Lサイズ(12ヶ月〜24ヶ月)

東京西川の「医師がすすめるドーナツ枕」は、通気性が抜群なドーナツ枕です。

赤ちゃんは汗をかきやすく、なんと大人の2〜3倍も汗をかくと言われいます。

そんな汗かきな赤ちゃんにとって、枕の通気性は重要なポイント。

東京西川の「医師がすすめるドーナツ枕」は、

  • 汗を吸うパイル生地
  • 通気性抜群のパイプとポリエステル綿

を使用しているため、あせもを防ぎムレずに快適に使えます。

また枕をまるごと洗濯できるため、万が一吐き戻しで汚れてしまっても洗清潔に保てるのがうれしいですよね。

東京西川はこちら

ドーナツ枕4位:サンデシカ The Pillow Baby(ザ・ピロー ベビー)

The Pillow Baby(ザ・ピロー ベビー)のドーナツ枕
料金 2,970円(税込)
機能性 ・絶壁頭を予防する
・向き癖を矯正する
・寝ハゲを防ぐ
サイズ 幅30×奥行22×高さ3~6cm
備考 まるごと洗濯可能(要洗濯ネット)/豊富なカラーバリエーション/通気性◎
対象月齢 新生児〜3ヶ月ごろまで

サンデシカの「The Pillow Baby(ザ・ピロー ベビー)」は、機能のバランスがいいドーナツ枕です。

枕の専門会社「まくら株式会社」とベビー用品メーカー「sandesica」がタッグを組み、赤ちゃんにぴったりなドーナツ枕を開発。

  • 新素材3Dポリゴンメッシュでムレずに快適
  • スマートスロープで頭をやさしくホールド

と、赤ちゃんが気持ちよく眠れるように設計されています。

パッケージがかわいく、プレゼントラッピングにも対応しているため、出産祝いなどの贈り物にもおすすめです。

サンデシカはこちら

ドーナツ枕5位:ジオピロー

ジオピローのドーナツ枕
料金 7,590円(税込)
機能性 ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
サイズ Sサイズ(200×300× 40mm)
Mサイズ(230×330×60mm)
備考 まるごと手洗い可能/カバー2枚付き/豊富なカラーバリエーション/防ダニ加工/通気性◎
対象月齢 Sサイズ…0ヶ月〜6ヶ月
Mサイズ…6ヶ月〜24ヶ月

ジオピローは、赤ちゃんの安心・寝心地・清潔を考えて作られたドーナツ枕です。

ドーナツ枕は、商品によってはただ真ん中がへこんでいるだけで、赤ちゃんの頭のサイズを考慮していないものもあります。

ジオピローは、

  • 赤ちゃんの頭のサイズを科学的に分析
  • 特許取得の”3Dデザイン”で赤ちゃんの頭を立体的に支える
  • ホコリやダニを防ぐ機能付き

といった、赤ちゃんのことを考え抜いた設計なのが魅力です。

 

サイズはSとMがあり、赤ちゃんの成長に合わせて使えるのもうれしいポイントです。

ジオピローはこちら

ドーナツ枕6位:Hugmuu(ハグムー)

ハグムーのドーナツ枕
料金 2,880円(税込)
機能性 ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
サイズ (横)34×(縦)22×(高さ)3cm
備考 低反発/まるごと手洗い可能/生地綿100%/豊富なカラーバリエーション/1年保証付き/通気性◎
対象月齢 0ヶ月〜12ヶ月ごろまで

Hugmuu(ハグムー)は現役看護師もすすめる、見た目も機能も優秀なドーナツ枕です。

見た目が雲形でかわいいのはもちろん、

  • 首元が高さ1cmで赤ちゃんの体にぴったり
  • 万が一商品に不具合があれば1年間返品交換OK

といった、機能や保証もばっちりなのがうれしいですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

maru(@omame0727)がシェアした投稿

カラーバリエーションや柄も豊富なので、女の子にも男の子にも使えちゃいます。

Hugmuu(ハグムー)はこちら

ドーナツ枕7位:テラスベビー フルーツ&ベジタブルピロー

テラスベビーのドーナツ枕
料金 1,000円(税込)
機能性 絶壁頭を予防する
サイズ 小かぶ:幅250×奥行50×高さ265mm
プチトマト:幅250×奥行50×高さ205mm
みかん:幅250×奥行50×高さ215mm
ピーマン:幅250×奥行50×高さ215mm
備考 手洗い可能/豊富なカラーバリエーション/通気性◎
対象月齢 0ヶ月〜

テラスベビーの「フルーツ&ベジタブルピロー」は、見た目がキュートなドーナツ枕です。

野菜の形をしたドーナツ枕で、赤ちゃんのかわいさがより引き立ち、思わず写真を撮りたくなるはず。

見た目がかわいいだけではなく、

  • コンパクトなので持ち運びにも便利
  • パイルやポリエステルで通気性も抜群

といった機能も優れているため、2つ目のドーナツ枕にもぴったりです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yumi(@yumimimi0718)がシェアした投稿

価格が1,000円とリーズナブルなので、全種類そろえてみるのもかわいくておすすめです。

テラスベビーはこちら

ドーナツ枕8位:おやすみクール

おやすみクールのドーナツ枕
料金 2,490円(税込)
機能性 ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
サイズ 横28×縦24×高さ4cm
備考 日本製/まるごと手洗い可能/側生地綿100%/通気性◎
対象月齢 6ヶ月〜

おやすみクールは、冷感加工がされたひんやり気持ちいいドーナツ枕です。

赤ちゃんは新陳代謝が活発な上、大人と同じ量の汗腺があるため、「大人の2倍も汗をかく」と言われています。

特に頭周りは熱がこもりやすく、夏場は汗でムレてしまうことも。

そんな汗っかきな赤ちゃんでも気持ちよく使えるように、

  • 冷感加工で頭の熱を逃がす
  • 夏場でも気持ちよく眠れる

といった、赤ちゃんにとって安心うれしい設計になっています。

また、おやすみクールはAmazonでも好評です。

8ヶ月の息子が夜、暑くて寝苦しそうで何度も泣きながら起きてしまうので、パッドと一緒に買ってみました。
するとどうでしょう!
昨晩まで寝苦しさゆえに何度も起きていた息子が、定位置でスヤスヤと寝ているではありませんか!
熱がこもってきても、寝返りで別の場所に移動をするとまた気持ちがよいらしく、
朝までぐっすり寝てくれるようになりました。
幅も広めで数回の寝返り程度なら対応可だと思います。
この枕の上に寝かせると気持ちがいいのか、しばらくじっとしてヒンヤリ間を楽しんでいるように見えます。
クーラーの効いている部屋では私には寒く感じる程ヒヤっとしましたが、暑がりの赤ちゃんには必須ですね!
ただ、もう少し子育て応援プライスだと嬉しいのですが。

さらにおやすみクールは、冷感加工のナイロンとポリエステル面と、通常のパイル生地のリバーシブルで使えます。

おやすみクールは、夏が終わってもやわらかなパイル面を表にして使えば、1年中使えちゃう優れものです。

おやすみクールはこちら

ドーナツ枕9位:クラフトホリック ベビー枕

クラフトホリックのドーナツ枕
料金 2,640円(税込)
機能性 ・絶壁頭を予防する
・あせもを防ぐ
サイズ 幅21×奥行17cm
備考 日本産/まるごと手洗い可能/生地綿100%/豊富なカラーバリエーション/通気性◎
対象月齢 0ヶ月〜

クラフトホリックのベビー枕は、やさしい素材でできたドーナツ枕です。

生地は綿100%で、中綿がふっくらとしているため、未熟な赤ちゃんの頭をしっかり支えます。

クラフトホリックのベビー枕には平ゴムが付いているがポイントで、

  • 抱っこ中に眠った赤ちゃんをそのまま布団に移動できる
  • 授乳しながらも使える

など、ママにもうれしい機能があるのが人気の秘訣なんだとか。

プレゼントラッピングも可能なので、出産祝いにもおすすめです。

クラフトホリックはこちら

ドーナツ枕10位:アンドココ(&COCO)

アンドココ(&COCO)のドーナツ枕
料金 2,000円(税込)
機能性 ・絶壁頭を予防する
・寝ハゲを防止する
・吐き戻しを防止する
サイズ  ‎26.3 x 24.5 x 4.9 cm
備考 かばーのみ手洗い可能/生地綿100%/豊富なカラーバリエーション/通気性◎
対象月齢 0ヶ月〜12ヶ月ごろまで

アンドココ(&COCO)は、吐き戻しを防止するドーナツ枕です。

3つのエリアに分かれた細かな高さ設定のおかげで、赤ちゃんの頭を正しい位置に導くことで吐き戻しを防ぎます。

吐き戻しを防止するだけではなく、

  • 頭をしっかりホールドして寝違えを防止する
  • 摩擦による寝ハゲを防ぐ

と、さまざまな効果が期待できるのがポイントです。

Amazonの口コミでは、多くのママが「赤ちゃんの頭が丸くなってきた」「ぐっすり眠ってくれる」と効果を感じており好評でした。

絶壁にはしたくなかったので購入しました。
新生児時期はしっくりこなかったのか寝てる間に枕から逃げ出してましたが、2ヶ月の今は特に嫌がることもなく寝ています。
ちなみに新生児〜2ヶ月前ぐらいまではタオルを枕にしていたら絶壁気味に…しかしこちらに替えてからは丸くなりつつあるのでホッとしています。

息子の頭の形が気になり購入しました。
低反発枕で柔らかくて息子もぐっすり寝てくれます。
触り心地も良いです!

またアンドココ(&COCO)のドーナツ枕は、まるでクマさんのようなかわいいデザインなのがたまらないポイントです。

アンドココ(&COCO)のドーナツ枕は「見た目もかわいいドーナツ枕がいい」と考えるママさんは購入を検討してみてはいかがでしょうか。

アンドココ(&COCO)こちら

ドーナツ枕を買うならESMERALDA(エスメラルダ) インサート式ドーナツ枕が最もおすすめ!

エスメラルダのドーナツ枕
  1. 絶壁頭・向き癖・寝ハゲの3つを防止できる
  2. 付属のインサートで高さ調整ができる
  3. まるごと手洗いで清潔に保てる

これからドーナツ枕を買うなら、ESMERALDA(エスメラルダ)のインサート式ドーナツ枕が断然おすすめです。

赤ちゃんの頭の形は、「生まれてから数ヶ月の寝かせ方で決まる」と言われています。

そこでESMERALDA(エスメラルダ)のインサート式ドーナツ枕は、赤ちゃんにとっての理想の寝かせ方にとことん注目。

丸くてきれいな頭に整えるために、

  • 赤ちゃんにとって理想の高さと大きさ
  • 赤ちゃんでも使えるやわらかさ

といった設計にこだわって作られている、赤ちゃんにぴったりなドーナツ枕なのです。

絶壁頭・向き癖・寝ハゲの3つを防止できるマルチなドーナツ枕なので、これ1つあれば解決できちゃうのもうれしいポイントです。

どんな赤ちゃんでも使いやすいように、枕の高さやかたむきを調整できるインサートがついているため、「うちの赤ちゃんには合わなかった……」という心配も少ないでしょう。

枕をまるごと洗えるのも、ママにとっては重要なポイント。ESMERALDA(エスメラルダ)のインサート式ドーナツ枕は、清潔に長く使えるため安心です。

新生児にドーナツ枕は危険?使い方の注意点は?

赤ちゃんを育てる上で、もっとも怖いのが不慮の事故。

新生児の不慮の事故は特に窒息によるものが多く、特に就寝時に起きてしまうことが多いのです。

新生児にドーナツ枕を使う場合は、

  • 赤ちゃんが窒息しにくいタイプを選ぶ
  • 赤ちゃんが嫌がる場合は無理に使わない

という2つのポイントが大切です。

赤ちゃんが窒息しにくいドーナツ枕とは?

赤ちゃんが窒息しにくいドーナツ枕の特徴
  • 通気性がいい(メッシュ生地・綿・パイル生地など)
  • ふわふわとやわらかすぎない
  • 赤ちゃんの体に対して高すぎない

赤ちゃんが睡眠中に窒息してしまうケースは、うつ伏せ寝が多いと言われています。

ドーナツ枕は赤ちゃんの寝返りを防いでくれる役割もありますが、万が一赤ちゃんがうつ伏せになっても窒息しにくい、通気性のいいタイプを選ぶのがおすすめです。

ふわふわとやわらかすぎるタイプや、赤ちゃんの体に対して高すぎるドーナツ枕も、窒息の原因になってしまいます。

赤ちゃんが嫌がる場合は無理に使わないこと

ドーナツ枕を無理に使わないほうがいいケース
  • ドーナツ枕を頭に敷くと泣く
  • 何度も頭がずり落ちてしまう

ドーナツ枕を敷いても、赤ちゃんが嫌がって使いたがらない場合や、何度も頭がずり落ちてしまう場合は、いったん使用を中止しましょう。

様子を見て使用を再開する場合は、なるべく医師の指示にしたがって、ドーナツ枕を使用してください。

また赤ちゃんが転落しないように、ベビーベッドの柵を完全に上げきるのも重要なポイントです。

ドーナツ枕は絶壁になった赤ちゃんに効果あり?

ドーナツ枕

ドーナツ枕は、赤ちゃんの絶壁頭を整えるのに有効です。

赤ちゃんは生まれるときに、せまい産道を通るために、頭蓋骨の骨を動かして頭の形をすぼめます。

特に赤ちゃんは頭蓋骨が動きやすい状態で、頭が長く絶壁頭になってしまうのです。

ドーナツ枕は、枕の中心部のくぼみで赤ちゃんの後頭部をやさしく支え、丸くてきれいな頭に整えてくれる効果が期待できます。

実際に、SNSでも「ドーナツ枕は絶壁頭に効果があった!」という口コミが多く、多くのママが効果を認めているのです。

ドーナツ枕は子育てYouTubeチャンネル「こなつ家」でも紹介されており、なんと1ヶ月目から効果を実感しているようでした。

新生児にドーナツ枕が必要な期間はいつからいつまで?

ドーナツ枕

ドーナツ枕を絶壁頭対策として使う場合は、生まれたばかりの新生児〜4ヶ月までを目安に使いましょう。

「赤ちゃんの頭の形は生後4ヶ月までに決まる」と言われているため、その期間中に使用する人が多いようです。

もし新生児にドーナツ枕を使う場合は、対象月齢が0ヶ月のドーナツ枕を使うようにしてください。

ドーナツ枕によっては対象月齢が「3ヶ月〜6ヶ月」など決まっている場合あります。

月齢が3ヶ月以上のドーナツ枕は、赤ちゃんの首がすわってから使いましょう。

タオルで代用?赤ちゃん用ドーナツ枕の作り方を紹介!

ドーナツ枕

ドーナツ枕は、なんとフェイスタオルで簡単に代用できます。

まずは、

  • ヘアゴム…1本
  • フェイスタオル…1枚(やわらかい素材のもの)

を用意します。

ドーナツ枕の作り方
  1. フェイスタオルを横長になるよう両手で持つ
  2. 端から少しずつ巻いて”細長い棒状”にする
  3. タオルの端と端をヘアゴムでまとめて輪っかにする
  4. 赤ちゃんの頭の大きさに合わせてサイズ調整する
  5. 完成

たったこれだけで、簡単にドーナツ枕を作れちゃいます。

タオルのドーナツ枕の作り方は、YouTubeチャンネル「肥後千暁&モコちゃんねる」でも紹介されているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

ドーナツ枕は赤ちゃんだけでなく大人にも効果ある?

実は、ドーナツ枕は赤ちゃん用だけではなく大人用もあります。

大人用のドーナツ枕は

  • 首のコリを解消する
  • うつ伏せでも寝やすくなる

など、うれしい効果が期待できます。

普段使いできるタイプから、ちょっとユニークなタイプまで、優秀な大人用ドーナツ枕を3つご紹介します。

大人向けドーナツ枕① お医者さんの快適枕

ドーナツ枕

穴あき構造で頭にこもりやすい熱を逃して、快眠に導いてくれる「お医者さんの快適枕」。

通気性が抜群なポリエステルと、中材のパイプを使用しているので、夏でも快適に使えます。

  • 頭をしっかり支えて肩まわりを楽にする
  • 朝までぐっすっり眠れる

といった効果が期待できるため、「最近なかなか眠れない」という人にもおすすめです。

お医者さんの快適枕はこちら

大人向けドーナツ枕② MOGU(モグ) プレミアムホールピロー

ドーナツ枕

コロンとした形がかわいい、MOGU(モグ)の「プレミアムホールピロー」。

なんとこのドーナツ枕、枕としてもクッションとしても使える万能タイプなんです。

しっとりとした感触と、軽くて持ち運びが便利なため、

  • 旅先で使う旅行用枕として
  • デスクワークの腰の痛みを防止する

といった、さまざまなシチュエーションで使える優れものです。

MOGU(モグ)はこちら

大人向けドーナツ枕③ 西川 パワーナップピロー

ドーナツ枕

折りたたみ式のユニークなドーナツ枕である、西川の「パワーナップピロー」。

パワーナップピローは、デスクで仮眠をする際に使う仮眠用ドーナツ枕なのです。

枕の真ん中のくぼみに頭を載せてうつ伏せになれば、快適に仮眠がとれます。

  • 仕事の合間に過眠をとりたい
  • 在宅ワークで使える便利グッズが欲しい

という人にぴったりな大人用ドーナツ枕です。

パワーナップピローはこちら

大人向けドーナツ枕④ 全方位過眠枕 オムニピロー

ドーナツ枕

過眠やトラベル枕にぴったりな、コンパクトサイズのドーナツ枕の「全方位過眠枕 オムニピロー」。

オムニピローはふわふわもちもちした感触が特徴で、色はグレー×ブラックとグレー×ブルーの2色から選べます。

通常の枕のように頭を置いて使ったり、首にはめて座ったまま眠れたりするのがポイントで、

  • 仕事の休憩中に机で眠る「仮眠用枕」として使う
  • 新幹線や飛行機などの長距離移動で首にはめて座ったまま眠る

といった使い方ができるのがうれしいですよね。

オムニピロー専用ポーチも付いているため、いつでもどこでも持ち運び可能です。

出張が多い人や仕事中に過眠をとりたい人は、オムニピローを1つ持っておくと便利でしょう。

オムニピローはこちら

ドーナツ枕のおすすめについてまとめ

まとめ
  • ドーナツ枕は赤ちゃんの「絶壁頭改善」に効果的
  • 吐き戻しやあせも対策にもぴったり
  • 新生児〜3歳まで使える豊富なラインナップ
  • 頭の形が決まる「生後4ヶ月」はドーナツ枕を使うのがおすすめ
  • 赤ちゃんが嫌がる場合はいったん使用を中止しよう

ドーナツ枕は、赤ちゃんの頭の形を整えたり、吐き戻しやあせも対策に効果的な枕です。

特に赤ちゃんの絶壁頭改善に効果的で、赤ちゃんの細長い頭を丸く整えてくれるため、多くのママから人気を集めています。

頭の形は生後4ヶ月までに決まる」と言われているため、赤ちゃんの絶壁頭が気になる場合は、期間内だけでも使うのがおすすめです。

ドーナツ枕は商品によって使える対象月齢が異なりますが、「0ヶ月〜3歳まで」と幅広いのがうれしいポイント。

生まれたばかりの新生児でも使えるため、購入する際は赤ちゃんの月齢に合ったドーナツ枕を選びましょう。

万が一赤ちゃんがドーナツ枕を嫌がったり、何度も頭がズレて落ちてしまったりする場合は、いったん使用を中止して医師の指示に従って使用してください。

ドーナツ枕を正しく使用して、赤ちゃんがより快適に眠れるように、日々に取り入れてみてくださいね。

 

ドーナツ枕のランキングをもう一度見る!

ABOUT ME
仲地 里絵
寝るのが大好きなWebライターです。個人で音楽活動をしながら文章を書いたり、イラストを描いたりして生きています。海外で路上ライブをするのが目標です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA