枕(まくら)

2022年最新アイス枕おすすめ人気ランキングTOP10を徹底解説!

アイス枕ランキングTOP10

もはや亜熱帯地域と同レベルとも言われる日本の夏の気温と湿度。

今回は、猛暑対策としてクールスプレーや接触冷感グッズと合わせて人気が高まっているアイス枕の「2022年最新・おすすめ人気ランキングTOP10」をご紹介します。

「そもそもアイス枕って何?」「どうやって使うの?」という疑問にもしっかり答えつつ、アイス枕の構造や賢い選び方、カバーを購入する時の注意点なども詳しく解説していきます。

特に人気の高いTOP10のアイス枕の特徴もじっくり解剖していくので、今年のアイス枕選びの参考にしてくださいね。

寝苦しい熱帯夜にはアイス枕を使って、電気代も抑えながら快適な睡眠環境を作っていきましょう。

目次

アイス枕とは?

アイス枕ランキングTOP10アイス枕とは、中材に冷却効果のあるジェルが入っている枕のことです。

熱帯夜などの寝苦しい夜にも、冷凍しておいたアイス枕を敷くだけでひんやり快適に眠れて、入眠時に一時的に冷やしてくれるタイプから、朝まで冷たさをキープする長時間タイプまで様々な種類の商品が展開されています。

アイス枕を使うことでエアコン無しで扇風機のみで眠れたりと、電気代を抑える上でも効果的です。

また、真夏の日中の熱中症の予防や、急な発熱時、火傷などのケガをした時にも便利です。特にやわらかい不凍結タイプのアイス枕は扱いやすいので、ピンポイントで冷やしたい部分にフィットさせることができますよ。

アイス枕の選び方を3つのポイントで解説!

アイス枕を賢く選ぶには、「ジェルタイプ」「保冷時間・冷凍時間」「サイズ感」の3点をしっかり確認することが大切です。

様々な種類が展開されているアイス枕を選ぶ上で、重要な3つのポイントを詳しく解説していきます。

アイス枕の選び方1.ジェルの種類で寝心地や冷却効果が異なる

アイス枕ランキングTOP10アイス枕は、中材のジェルの構造によって、大きく分けて3種類のタイプがあります。

1つめは、保冷時間が長く続く凍結タイプ。
ジェルが完全に凍るように出来ているので、ひんやりとした冷たさが長時間続きます。
デメリットとしては、カチカチに凍っているので、普段やわらかい枕で寝ている方は寝づらい可能性があります。

2つめは、やわらかく頭にフィットして快適に眠れる不凍結タイプ。
冷凍庫に入れても完全に凍らないジェルが採用されているので、ソフトな寝心地が特徴です。
デメリットとしては、保冷時間が3~4時間と短時間のものが多い傾向があります。
朝まで冷たさが持続しない場合が多いですが、冷やし過ぎない枕が好きな方や、入眠時のみ冷やしたい方に向いています。やわらかい寝心地なので、小さなお子さんも抵抗無く使える子が多いようです。

3つめは、上記2つを組み合わせた複数構造タイプ。
保冷時間+寝心地のどちらも実現させた優秀なアイス枕で、二層のものや、冷気を防ぐ断熱シートを重ねた三層構造のものもあります。
凍結タイプと不凍結タイプの美味しいとこ取りで、高熱が出た時にもしっかり冷やしながらソフトな寝心地をキープしてくれます。

近年では2か3が主流で、今回のアイス枕おすすめ人気ランキングTOP10にランクインした全てのアイス枕は2の不凍結タイプか3の複数構造タイプでした。

アイス枕を選ぶ時は、まず最初に中材の構造を確認して、自分の用途に合っているものを選びましょう。

アイス枕の選び方2.保冷時間と冷凍時間をどちらも確認

アイス枕ランキングTOP10アイス枕の保冷時間は、2時間程度~10時間の長時間タイプまで様々です。

一般的に、冷たさが長く続く長時間タイプのアイス枕は、冷凍時間も長くなりがちです。

就寝時に使うなら、朝になったら冷凍庫に入れておいて、また夜に取り出せば問題ありませんが、お昼寝など1日のうちに頻繁に使う予定がある場合は、冷凍時間が長いと不便です。

冷凍時間は4時間程度~14時間以上と半日程度かかるものまであり、真夏の日中など短いスパンで使う予定なら、冷凍時間が4~5時間程度のアイス枕にすると使いやすいですよ。

対して、寝る時だけ使うなら半日程度の冷凍時間がかかっても、朝まで冷たさをキープしてくれる長時間タイプのアイス枕を購入することをおすすめします。

場合によっては、冷凍時間が長めなものと、サブとして冷凍時間が短めのアイス枕を組み合わせてストックしておくのもいいですね。

アイス枕の選び方3.自分に合った幅や高さなどのサイズ感

アイス枕ランキングTOP10アイス枕を使う時は、普段使っている枕と照らし合わせて、幅や高さにも気を付けましょう。

できれば、枕から頭が落ちない幅感で、首や肩を傷めない程度の厚さのアイス枕を選ぶと良いですね。また、厚手のタオルで巻くか、フェイスタオルで包むか、もしくは別売りのカバーを購入するかでも高さが変わってきます。

一般的には、枕は立っている時の頭や首の位置を自然にキープできる高さが推奨されていますが、冷凍するアイス枕はサイズ感も微妙に変化しがちです。肩口や首周りにも冷気が届く大きめサイズや、普段使っている枕に合わせて使える薄手のものなど、用途を考えながら選ぶと失敗しにくいですよ。

また、カバー無しの商品も多いので、タオルやフェイスタオルで包んで使います。
アイス枕の専用カバーを選ぶ場合は、結露をしっかり吸い取ってくれる吸水性の高い素材や、二層構造のカバーにすると、シーツなどの寝具を濡らさずに快適にアイス枕を使えますよ。

アイス枕10社を3つのポイントで比較!

画像 ジェル
保冷時間
冷凍時間 サイズ
ダンロップ
雪枕 長時間タイプ
アイス枕ランキングTOP10 三層構造 10時間 8時間以上 35.5×16×5.5cm
幅広タイプ
白元アース
アイスノンソフト
アイス枕ランキングTOP10 三層構造 10時間 12時間以上 30.5×19×3.5cm
紀陽除虫菊
2連大型やわらか
Wアイス枕
アイス枕ランキングTOP10 二層構造 10時間 12~
14時間以上
37×30×3cm
2way
不二ラテックス
ひえぷる
やわらかまくら
アイス枕ランキングTOP10 不凍結 4~6時間 5時間以上 33×21×3cm
小林製薬
熱さまひんやり
やわらかアイス枕
アイス枕ランキングTOP10 不凍結 4~8時間 8時間以上 34×17.6×3.4cm
ライオンケミカル
やわらかーい
クールアイスまくら
アイス枕ランキングTOP10 不凍結 4~7時間 5時間以上 35×18×2cm
ピジョン
やわらか
クールまくら
アイス枕ランキングTOP10 不凍結 2~3時間 4時間以上 30×18.5×1.5cm
リバーシブル
三好製作所
GEL-COOまくら
アイス枕ランキングTOP10 不凍結 2~3時間 4時間以上 25.8×17×2.3cm
リバーシブル
ケンユー
温冷両用ジェル枕
アイス枕ランキングTOP10 不凍結 6~8時間 記載なし 23×14.5×2.5cm
温枕としても使える
サンハーティネス香産
冷感 ジェルまくら
アイス枕ランキングTOP10 不凍結 1~2時間 記載なし 25×17cm
ポーチになるカバー付き

アイス枕おすすめ人気ランキングTOP10にランクインした10社のうち、まずはジェルタイプが優れている上位3社。ダンロップ・白元アース・紀陽除虫菊の3社は、中材を複数構造にすることで、10時間の保冷時間をキープ。また、凍結と不凍結タイプを合わせることで、やわらかい寝心地になっています。

その他の7社は全て不凍結タイプで、ソフトな寝心地。
純粋な凍結タイプは最近はほとんど流行っていないようで、複数構造と不凍結タイプの2種類に人気が集中しています。

続けて、保冷時間についてもダンロップ・白元アース・紀陽除虫菊の3社が10時間と就寝時に便利な長時間タイプです。なかでもダンロップは冷凍時間も8時間以上と、3社の中で一番短い冷凍時間で使える優れモノです。

不凍結タイプの7社の中では、不二ラテックス・小林製薬・ライオンケミカル・ケンユーの4社が保冷時間が長めとなっています。

ピジョン・三好製作所・サンハーティネス香産の3社は保冷時間は短めですが、可愛いデザインが人気。リバーシブルで2つの冷感を楽しめたりと冷やし過ぎない枕が好きな方に向いていて、サンハーティネス香産の「冷感 ジェルまくら」はランキング中で唯一ポーチにもなるカバー付きです。

サイズ感については、ダンロップや紀陽除虫菊・ライオンケミカルの幅広・大きめサイズが高ポイント。ライオンケミカル・ピジョン・三好製作所・ケンユー・サンハーティネス香産の5社は薄手の商品で、今使っている枕の上に乗せても使える便利な商品です。

【2022年最新】アイス枕のおすすめ人気ランキングTOP10!

3つのポイントを踏まえて、2022年最新のアイス枕のおすすめ人気ランキングTOP10をご紹介します。

就寝時に朝まで冷たさをキープする長時間タイプから、入眠用として便利な保冷時間1~4時間程度のもの、おしゃれなデザインなど人気商品の特徴を詳しく解説していきます!

アイス枕1位:ダンロップ 雪枕 長時間タイプ

アイス枕ランキングTOP10
料金 825円
タイプ ソフトマット層・凍結層・断熱シートの三層構造
サイズ 35.5×16×5.5cm
備考 冷凍時間:8時間以上
保冷時間:およそ10時間
凍結層は頭にフィットする2分割スタイル
カバー無し

10時間の保冷時間を誇るダンロップの「雪枕 長時間タイプ」。凍結層を挟むソフトマット層と断熱シートの三層構造のおかげで、冷気を逃さずに柔らかな寝心地を実現させています。頭に優しくフィットするように計算された2分割スタイルで、冷凍時間も8時間以上と保冷効果の高いアイス枕のなかでは短め。サイズ感も大きめで、言うことなしの人気商品です。

また、ダンロップは不凍結ジェルと凍結ジェルの二層構造の「やわらか雪枕W」も評価が高く、こちらはジェルを4分割することでよりフィット性を高めたアイス枕です。

ダンロップ雪枕のアイス枕はこちら

アイス枕2位:白元アース アイスノンソフト

アイス枕ランキングTOP10
料金 816円~
タイプ 不凍結ジェル・凍結ジェル・断熱シートの三層構造
サイズ 30.5×19×3.5cm
備考 冷凍時間:12時間以上
保冷時間:およそ10時間
凍結層は頭にフィットする4分割スタイル
カバー無し

保冷時間10時間の長時間タイプのなかで、人気・評価ともに高い白元アースの「アイスノンソフト」。やわらかくフィットする不凍結ジェルと冷気を逃さない断熱シートを重ねた三層構造で、ソフトな寝心地を実現。凍結ジェル層は4分割スタイルで、頭にしっかりフィットする造りです。

冷凍時間は12時間以上と長めですが、朝起きたら冷凍庫に入れておいて、その日の晩に使えます。長持ちする分、結露が付きやすくカバーも無いので、気になる方はタオルを巻いて使いましょう。

また、白元アースのアイスノンシリーズは、この商品の他にも保冷時間3~6時間の不凍結タイプ「やわらかフィット」や、保冷時間6~9時間で二層構造の「いきいきメイト」も評価の高い商品です。

白元アースのアイス枕はこちら

アイス枕3位:紀陽除虫菊 2連大型やわらかWアイス枕

アイス枕ランキングTOP10
料金 1,380円~
タイプ 不凍結ジェルと凍結ジェルの二層構造
サイズ 37×30×3cm
備考 冷凍時間:12~14時間以上
保冷時間:およそ10時間
広げても二つ折りでも使える2way仕様
凍結層は頭にフィットする分割構造
カバー無し

大型サイズで、広げても二つ折りでも使える「2連大型やわらかWアイス枕」。二層構造で柔らかい寝心地で、保冷時間も10時間と長時間キープしてくれますよ。広げて使えば肩口まで冷気を感じられ、首周りの爽快感も得られます。2wayの他にも、折り曲げて肩や足に掛けたりといろんな使い方ができる所も人気です。

冷凍時間は、12~14時間以上とかなり長め。冷却効果は、折り畳みの方が広げた場合よりもやや長めに持続するという実験結果が出ています。

2連大型やわらかWアイス枕はこちら

アイス枕4位:不二ラテックス ひえぷる やわらかまくら

アイス枕ランキングTOP10
料金 436円~
タイプ 不凍結ジェル
サイズ 33×21×3cm
備考 冷凍時間:5時間以上
保冷時間:およそ4~6時間
ジェル袋と外袋の二層構造で、破れてもジェルが漏れない
カバー無し

不凍結タイプの固くないアイス枕のなかでも、特に「やわらかな寝心地!」という口コミが多い人気商品です。初めてのアイス枕としても、お試しで気軽に買いやすいリーズナブルな価格設定で、安い割にはしっかり冷たさが長持ちしますよ。

保冷時間は4~6時間程度で、冷凍時間も5時間以上と短めなので、お昼寝にも夜寝にも使えそうですね。破れた場合にジェル漏れしないように、ジェル袋と外袋の二重構造になっています。

ひえぷる やわらかまくらはこちら

アイス枕5位:小林製薬 熱さまひんやり やわらかアイス枕

アイス枕ランキングTOP10
料金 809円~
タイプ 不凍結ジェル
サイズ 34×17.6×3.4cm
備考 冷凍時間:8時間以上
保冷時間:およそ4~8時間
ジェル袋と外袋の二層構造で、破れてもジェルが漏れない
カバー無し

こちらも不凍結ジェルでやわらかくフィットする使い心地。固くならないので、火傷などの患部をピンポイントで冷やすにも重宝します。「熱さまシート」など多くの人気商品を展開してきた小林製薬のアイス枕、という安心感からも人気の高い商品です。

4位の「ひえぷる やわらかまくら」とほぼ同じスペックですが、冷凍時間が8時間以上と長め。口コミでは実際の保冷時間はかなり持続感があり、最大の8時間程度まで快適に使えている方が多いです。

熱さまひんやり やわらかアイス枕はこちら

アイス枕6位:ライオンケミカル やわらかーいクールアイスまくら からだのかたちにピッタリフィット

アイス枕ランキングTOP10
料金 498円
タイプ 不凍結ジェル
サイズ 35×18×2cm
備考 冷凍時間:5時間以上
保冷時間:およそ4~7時間
カバー無し

不凍結ジェルを使った柔らかい寝心地とリーズナブルな価格で、ワクチンの福反応に備えて購入する方も多い「やわらかーいクールアイスまくら」。愛用者からは特にコスパの良さが評価されていて、Amazonでは約80%以上の方が星4つ以上の高評価を付けている人気商品です。

保冷時間については公式に記載が無く、実際に使っている方の口コミを収集すると約4~7時間程度は冷たさをキープできます。冷凍時間も5時間以上と短時間で使えるので、真夏に日中も夜間も使う場合は重宝しそうですね。

ライオンケミカルのアイス枕はこちら

アイス枕7位:ピジョン(pigeon) やわらかクールまくら

アイス枕ランキングTOP10
料金 1,320円
タイプ 不凍結ジェル
サイズ 30×18.5×1.5cm ‎
備考 冷凍時間:4時間以上
保冷時間:およそ2~3時間
リバーシブルで2つの冷たさを選べる
ジェル袋と外袋の二層構造で、破れてもジェルが漏れない
カバー無し

リバーシブル&薄型で使いやすいところが人気の「やわらかクールまくら」。イラストのある表面は穏やかな冷たさで、無地の裏面は冷気が強い仕様です。0歳児から使えて大人の愛用者も多く、枕の上に乗せても枕が高くならない1.5cmの厚さに人気が集まっています。優しく冷やしてくれるので、冷た過ぎる枕が苦手な方におすすめです。

4時間と短い冷凍時間でしっかり冷えますが、薄いためか保冷時間は早くて2~3時間程度でぬるくなるという口コミもあり、入眠用やお昼寝用にピッタリのアイス枕です。
公式HPでは、ミッキー&ミニーやプーさんなどディズニー商品も展開されていますよ。

やわらかクール枕はこちら

アイス枕8位:三好製作所 ジェルクール(GEL-COOL) GEL-COOまくら

アイス枕ランキングTOP10
料金 1,742円
タイプ 不凍結ジェル
サイズ 25.8×17×2.3cm
備考 冷凍時間:4時間以上
保冷時間:2~3時間
リバーシブルで2つの冷たさを選べる
購入代金の一部がホッキョクグマの餌代として使われる
カバー無し

可愛いクマのイラストに癒される「GEL-COOまくら」は、北海道の円山動物園のホッキョクグマのために展開されている「COOま(くーま)」シリーズのアイス枕です。
穏やかな冷気の「安眠用」と、冷気の強い「発熱用」のリバーシブルで使えて、両面のクマの表情も違って楽しめますよ。

4時間以上と冷凍時間が短めで、すぐに使えます。公式に保冷時間の記載は無いですが、口コミでは、2~3時間程度はしっかり冷たさがキープできているという声が多数です。
このアイス枕を購入するだけで、円山動物園のホッキョクグマのエサ代を寄付できるところも良いですね。

ジェルクール枕はこちら

アイス枕9位:ケンユー 温冷両用ジェル枕 万能枕

アイス枕ランキングTOP10
料金 662円
タイプ 不凍結ジェル
サイズ 23×14.5×2.5cm
備考 冷凍時間:記載なし
保冷時間:6~8時間
電子レンジで温めるだけで、温枕としても使用可
カバー無し

こちらは、アイス枕としても使える上に、電子レンジでワット数に合わせて50秒~1分30秒程度チンするだけで温枕としても使える優れモノです。不凍結なのでソフトな使い心地で、温めて肩や首周りに乗せて使っている方も。アイス枕としては6~8時間程度の保冷効果があり、1つ持っているだけで季節を問わず使えます。

冷凍時間は公式の記載は無いですが、口コミでは就寝時に使っている方が多く、朝起きたら冷凍庫に入れておいて、晩になったら取り出して使うことで朝方までしっかり冷えをキープできています。

ケンユーのアイス枕はこちら

アイス枕10位:サンハーティネス香産 冷感 ジェルまくら

アイス枕ランキングTOP10
料金 1,860円
タイプ 不凍結ジェル
サイズ 25×17cm
備考 冷凍時間:記載なし
保冷時間:1~2時間程度
リボン型の不凍結ジェル
ポーチにもなる冷感接触カバー付き

サイズ感は少し小さめですが、冷感接触タイプのポーチにもなるカバー付き、不凍結ジェルもリボンデザインで、見た目でも楽しみたい方におすすめのアイス枕です。保冷時間もそれほど長くなく、お風呂上がりなど一時的にスッキリ爽快気分を味わいたい時に重宝します。

ちょっとしたギフトにも良いし、旅行や会社での休憩時間にも手軽に使えますよ。大人も子供も楽しめる可愛いデザインながら、カバーの内側は結露をしっかり吸収するパイル地が使われています。

サンハーティネス香産のアイス枕はこちら

アイス枕を買うならダンロップ 雪枕 長時間タイプが最もおすすめ!

アイス枕ランキングTOP10
  1. 保冷時間10時間
  2. 冷気を逃さず寝心地やわらかな三層構造
  3. 頭にフィットしやすい2分割スタイル

アイス枕おすすめ人気ランキングTOP10の上位3位は全て、保冷時間10時間の長時間タイプ。

なかでも、断熱シートとソフトマット層で凍結層を挟み込み、冷気を逃さずにやわらかな寝心地を実現させたライザップの「雪枕 長時間タイプ」がNo.1でした!

2位の「アイスノンソフト」、3位の「2連大型やわらかWアイス枕」と比較すると、冷凍時間が8時間以上と短めで使いやすく、凍結部が2分割構造で、より頭にフィットしやすい造りも嬉しいポイントです。

また、サイズ感も幅35.5cmと、一般のアイス枕と比べて幅広サイズで、睡眠時にアイス枕から頭が落ちにくいところも高得点につながりました。

アイス枕はどこに売ってる?薬局やドラッグストアに取り扱いはある?

アイス枕ランキングTOP10アイス枕は、ドラッグストアや薬局で販売されています。
店舗によりますが、コンビニやドン・キホーテでも季節によって入手できますよ。

また、カインズやニトリ、イケアなどホームセンターでも販売されている他、ダイソーやキャンドゥ、3COINSなどの100円・300円均一ショップでも手軽に購入できます。

オンラインでも種類が豊富で店舗より安くなっている場合もあるので、Amazonや楽天でも探してみましょう。

アイス枕の使い方は?長時間使える?

アイス枕ランキングTOP10アイス枕の使い方は商品により異なりますが、およそ4~14時間以上、冷凍庫に入れておくだけでOKです。

一般的には、中材のジェルが偏らないように水平にして冷凍庫に入れるのが望ましいですが、ジェルが偏らない構造のアイス枕も多く、薄型タイプであれば上記の画像のように隙間に立てて入れても問題ありません。匂いが気になる場合は、アイス枕自体をジップロックに入れて冷凍している方もいらっしゃいますよ。

カバーが付いていない商品が多いので、取り出して使う時はフェイスタオルなどで包んで使いましょう。アイス枕は長時間タイプになればなるほど結露が付きやすくなるので、パイル地など結露を吸収してくれるタオルを使うと寝具を濡らさずに使えます。

また、アイス枕は商品によって保冷時間の目安が記載されていて、長時間使っても大丈夫です。

一晩中ひんやり冷却効果が続く長時間タイプも多く販売されていますが、冷え過ぎで逆に体調を崩してしまう心配がある場合は、穏やかな冷却効果のものや保冷時間の短いアイス枕を選んで、寝入りの最初だけ冷やすと良いですよ。

アイス枕の正しい捨て方は?分別はどうすれば良い?

アイス枕ランキングTOP10

一般的に、多くのアイス枕は「そのままの状態でプラスチックゴミとして捨てる」のが普通です。ただし、商品によって異なる場合があるので、心配であればパッケージの裏側の記載を確認するか、各メーカーへ問い合わせるようにしましょう。

自治体によっては「アイス枕」の項目に「可燃ゴミ」と表記されている場合もあり、不織布など燃える素材で作られている保冷剤タイプのアイス枕は可燃ゴミとして捨てることも可能です。

ジェルの中材はほとんどが水分ですが、誤飲すると人体に害のある成分が入っていることもあるので、分別のために袋をわざわざ切って、ジェルをトイレや流しに捨てるのはNGです。

基本は「アイス枕は分解せずに、そのままプラスチックごみか可燃ゴミとして捨てる」と覚えておきましょう。

100均で売ってるアイス枕の中でのおすすめはどれ?ダイソーやセリア、キャンドゥーを調査!

100均で手軽に購入できるアイス枕・クールピローを比較してみると、いろんなデザインやカラーから選べるダイソーが最強です!

キャンドゥにもおしゃれなクールジェルピローが販売されていたり、ミニタイプの保冷剤ではセリアにも可愛い保冷剤がたくさん展開されています。

ダイソーとキャンドゥはオンラインショップもあるので、近所にお店が無い場合はオンラインでも探してみてくださいね。

ダイソーのアイス枕・クールピローはデザインやカラーが豊富で可愛い!

アイス枕ランキングTOP10ダイソーの200円の「クールピロー」シリーズはイラストやカラーの種類が豊で、つい買いたくなっちゃう可愛い商品がたくさんありますよ。クマやペンギン、アイスやスイカなどいろんなイラストとカラーの展開があり、英字のシンプルなアイス枕も人気です。
アイス枕ランキングTOP10ダイソーのクールピローシリーズは薄手で、25cm×17cmの充分なサイズ感です。
こんなに可愛いアイス枕が200円で手軽に購入できるなんて嬉しいですね。

また、ダイソーでは、上記の可愛いデザイン以外にスタンダードなアイス枕も販売しています。
アイス枕ランキングTOP10上の「ソフトアイスマクラ」は30cm×19cm×3cmで、200円。驚きの1,000gの内容量で、こちらもやわらかジェルが採用されているので固くなくて使い心地が良いですよ。

キャンドゥのアイス枕・クールピローはシンプルで洗練されたデザイン

アイス枕ランキングTOP10貝殻のイラストとエメラルドのジェル材が爽やかなキャンドゥの「クールジェルピロー」。
サイズ感はダイソーのクールピローと同じ程度で、薄型でおしゃれなアイス枕です。

ダイソーのポップなデザインも良いですが、キャンドゥのシンプルなデザインも素敵です。
まずは品数豊富なダイソーで展開商品を確認して、その後にキャンドゥに行って、実物のデザインを見比べてみると上手くお買い物できそうですね。

セリアのアイス枕・クールピローは無し!おしゃれなミニ保冷剤が多い

アイス枕ランキングTOP10残念ながら、セリアでは現時点でアイス枕やクールピローの販売は無いようです。
セリアならではのキュートなミニ保冷剤はたくさんラインナップされているので、お弁当や外出時にちょっと保冷剤を持ちたい時にはセリアも覗いてみてくださいね。

アイス枕のカバーを紹介!100均にも売ってる?

アイス枕ランキングTOP10アイス枕のカバーを選ぶ時に重要なのは、「結露をしっかり吸収する素材」「枕全体をスッポリ包む仕様」の2点です。

楽天のアイス枕のカバーで人気商品は、グーンと伸びてしっかりフィットする「綿で出来た可愛いワッフル調のコッフルタオル 枕カバー タオル地 のびのび 35x50cm 吸水」で、価格は1,120円。
アイス枕ランキングTOP10結露をしっかり吸収してくれる素材にすることで、寝具を濡らさずに快適にアイス枕を使えますよ。カラー展開も豊富で、インテリアに合わせて選べます。

また、アイス枕専用カバーとして人気が高いのは、「アルファックス サラッとひんやり快眠アイス枕カバー」。
アイス枕ランキングTOP10「アルファックス サラッとひんやり快眠アイス枕カバー」は凝った仕様になっていて、アルミシートのおかげでアイス枕の冷却効果も助けてくれるおすすめ商品。以下のように二層構造になっていて、アイス枕の専用カバーとして理想的な設計です。価格も960円とリーズナブルで、手軽に購入できますよ。

アイス枕ランキングTOP10また、100均でも接触冷感タイプのおしゃれな枕パッドがたくさん販売されていますが、内側の素材が水分を吸収する素材かどうかの方が重要です。すでにアイス枕自体が冷たいので、特に接触冷感タイプにこだわらず、「内側の生地の素材」「包み込むタイプかどうか」を念頭に置いて選ようにしましょう。

100均に売っているマイクロファイバー素材のタオルなどを購入して、アイス枕カバーを自分で作成して使っている方も多いです。アイス枕はフェイスタオルやバスタオルで包むだけで手軽に使えるので、吸水性が良く肌触りの良い素材を選んで不快な結露を防ぎましょう。

アイス枕のおすすめ人気ランキングについてまとめ

まとめ
  • アイス枕のおすすめ人気ランキングNo.1は「ダンロップ 雪枕 長時間タイプ」
  • アイス枕を選ぶ3つのポイントは「ジェルタイプ」「保冷時間と冷凍時間」「サイズ感」
  • リバーシブルで、穏やかな冷気の冷やし過ぎないアイス枕も人気
  • 100均のアイス枕では、可愛いデザインが豊富なダイソーが最強!
  • アイス枕のカバーは「吸水性の高い素材」「すっぽり包む仕様」のものを選ぶ

アイス枕のおすすめ人気ランキングTOP10では、10時間と長時間の保冷時間があり、冷凍時間も短めでフィット性の高い「ダンロップ 雪枕 長時間タイプ」が1位になりました。

TOP10には冷やし過ぎない保冷時間が短いタイプや、優しく冷やしてくれるリバーシブルタイプもしっかりランクインしていて、アイス枕の種類の多さのおかげで、より自分に合った商品を選べることがわかります。

アイス枕を選ぶ時は、ジェルタイプを含む中材の構造を確認し、保冷時間だけでなく冷凍時間も視野に入れておきましょう。サイズ感は幅広タイプを選ぶようにすると、頭が枕から落ちにくくなりますよ。

初めて使う方は、手軽にアイス枕をお試しできる100均のクールピローシリーズが便利です。1つ200円程度と格安でアイス枕の使い心地を体験できますよ。100均でカバーを一緒に購入するなら、しっかり吸水してくれる素材ですっぽり包むタイプのカバーを買うか、吸水性の高いタオルを購入してアイス枕を包んで使いましょう。

2022年最新アイス枕おすすめ人気ランキングTOP10
をもう一度見る!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA