枕(まくら)

肩こり解消するならこの枕(まくら)|肩こり対策のための枕(まくら)選びとおすすめの枕(まくら)5選を大公開!

みやわき
みやわき

こんにちは、休養メディア「DO-GEN」編集部の宮脇(みやわき)です。この記事は肩こりを解消するための枕選びを紹介するページです。

突然ですが、肩こりや腰痛に悩まされていませんか?長時間のデスクワークやスマホの使用など、肩こりの原因は日常生活に潜んでいます。

残念ながら、現代人のライフスタイルは肩こりになりやすいんです!そんな肩こりを甘く見ていませんか?

「デスクワークは絶対しなきゃいけない」
「マッサージしてもすぐに再発してしまう」
「ちょっとの肩こりなら我慢できる」

特に症状が軽いとわざわざ病院になんて行きませんよね。

しかし肩こりを慢性化させるのは危険です。治りにくくなるのはもちろん、悪化するとストレートネックや背骨がゆがんでしまうこともあります。

そこで、気軽にできる対策を紹介します。それは睡眠姿勢を整えること。寝ている間に正しい姿勢をとることで、日中のゆがんだ体を正常に戻すことができますよ

睡眠姿勢を整えるキーアイテムが「枕」です。この記事では枕の選び方はもちろん、肩こり対策におすすめの枕も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

>>おすすめの枕を知りたい方はこちらへ

枕(まくら)と肩こりの関係

日本人の2人に1人が悩んでいる肩こり。

平成28年の調査では、自覚症状のある疾患として男性の2位、女性の1位になっています。女性に限っては有訴率100%超と、ほとんどの方が症状を抱えいます。国民全体の悩みといってもよいでしょう。

>>厚生労働省『国民生活基礎調査』より

問題は「肩こりは病気ではない」という認識です。そのせいで「肩こりはしょうがない」「そういう体質なんだ」と諦めている方も多いでしょう。

しかし肩こりは悪化させると神経痛やヘルニアになってしまいます。そのため、症状が軽いうちに対策をとることが重要なんです。そのキーアイテムが「枕」です。

慢性的な肩こりの原因とは?

肩こりの原因
そもそも肩こりとは「首を支える筋肉の疲労」です。

主な原因は血流が悪くなること!酸素や栄養が不足し、老廃物が蓄積されることで、いわゆる「こり」が生じます。慢性的な肩こりを患っている方は、肩回りの血流が常に悪い状態になっています

外部的な原因として、長時間のデスクワークや運動不足、スマホ、ストレスなどが挙げられます。社会人の方は、常に肩こりのリスクにさらされています。

どれだけ注意しても、日中はアンバランスな姿勢になってしまいがちです。

睡眠姿勢を作る枕(まくら)と肩こりの関係

肩こりと枕日中のアンバランスな姿勢を、正しい姿勢へと戻すためには、睡眠姿勢を正す必要があります。

しかし枕があっていないと、睡眠姿勢さえも崩れてしまいます。その結果、常にアンバランスな姿勢になってしまい、肩こりが慢性化してしまいます。

原因はやはり、睡眠中の血流が滞ることです。

特に「枕」があっていないと、肩から首にかけての血流が阻害され、慢性的な肩こりの原因になってしまいます。寝ている間も肩こりの原因を作ってしまうと、対策のしようがありません。

解釈を変えると、適切な枕選びをすれば、肩こりの解消につながるということです。

枕(まくら)で肩こりを解消できる!

肩こり解消
適切な枕を使うことは、肩こりの解消に直結します

なぜなら、睡眠中に背骨・肩甲骨を正常な位置に戻すことで、筋肉への血行が促進されるから。日中の崩れた姿勢をただし、老廃物の蓄積を防ぎます。

もちろん日中に姿勢を崩さないことが1番です。しかし、日中の姿勢を正すには1ヶ月以上の時間と、常に意識をする忍耐力が必要です。

それに比べて、睡眠姿勢を正すことは努力不要です。正しい枕を選んで寝るだけ!誰にでも始められて、長期間続きやすいのが最大のメリット。

正しい枕の使用こそが、最もコスパの良い肩こり解消方法ですよ

肩こりを解消する枕(まくら)選びのポイント

枕選びの3つのポイント
  1. 首のカーブを保てる高さ
  2. 頭を支えられる硬さ
  3. 寝返りしやすい形状

肩こりを解消する枕選びのポイントは3つです。あなたに合わない枕を選んでしまうと、肩こりを悪化させてしまいます。

必ずフィッティングをして、ポイントを1つずつ確認してください

枕(まくら)選びのポイント1|首のカーブを保てる高さ

最新の睡眠学において、理想の睡眠姿勢は「正しい立ち姿勢の首・背骨のS字カーブに近い姿勢を保つこと」です。つまり正しい立ち姿勢をそのまま横にした状態が理想だということです。

理想の姿勢を保つためには、枕の高さにこだわりましょう!

仰向けになったとき、頭から肩口の角度が10~15度、顔の角度が5度になっているのが理想です。気道が圧迫されないので、気持ちよく呼吸ができるはず!

自分ではわからないので、友人や店員さに確認してもらうことをおすすめします。

枕(まくら)選びのポイント2|頭を支えられる硬さ

あなたにもこんな経験がありませんか?

「ホテルの枕が硬くて眠れなかった」
「新しい枕が柔らかすぎて寝付けない」

枕の硬さは寝心地に直結します!そのため、頭を支えられる寝心地の良い硬さを選ぶ必要があります。

枕の硬さは素材で決まります。しかし、硬さの感じ方は人それぞれです。同じの素材でも人によっては硬かったり、柔らかかったりします。

硬さを知るためにも、必ずフィッティングをして頂きたいです。

枕(まくら)選びのポイント3|寝返りしやすい形状

睡眠中は1時間に4回くらい寝返りを打つと言われています。

そのため、寝返りをする時の首への負担を最小限にする枕を選びましょう

おすすめの形は「首元安定型」の枕です。簡単にいうと、表面がS字にカーブしている枕です。首の形にしっかりフィットするので、仰向けでも横向きでも理想の睡眠姿勢を保つことができます

形状記憶ができる低反発素材やウレタンを使用している場合が多いです。素材の使用感が好きでない方は、形状よりも素材を優先して選ぶと良いですよ。

肩こり解消におすすめの枕(まくら)5選

肩こりの解消におすすめの枕を紹介します。

「誰にでもフィッティングできる」「肩・首を安定して支えられる」という観点から、5つを厳選しました。5つの中であれば、使用感の好みで選んで大丈夫です。異なる素材を集めたので、1つ1つ試してみると良いですよ。

肩こりを解消する枕(まくら)1|東京西川の枕

肩楽寝
有名寝具メーカーの西川で販売されている枕です。楽天リアルタイムで第1位を獲得した実績のある枕!実際に私も愛用しています

西川
商品詳細 肩楽寝
価格 ¥5,500
素材 パイプ
公式HP 西川公式サイト
Amazonリンク Amazonで購入
楽天市場 楽天市場で購入

最大のメリットは高さ調節機能です。後頭部、首、肩の3点を理想の高さで支えてくれます。高めと低めの2タイプがあり、パイプの量でも高さ調整ができます。素材が劣化しても、パイプを追加すれば大丈夫。1年以上理想の高さをキープできるので、かなりおすすめです。

個人的にパイプ素材の寝心地が良かったので愛用しています。全国各地に店舗があるので、気軽にフィッティングができます。ぜひお試しください。

肩こりを解消する枕(まくら)2|ニトリの枕

self-fit-pillowニトリの10か所の高さが調節できる枕です。おすすめの理由は細かく高さ調節ができるところ!まるでオーダー枕のように、自分好みの硬さ・高さの枕が作れます。

ニトリ
商品詳細 SELF-FIT PILLOW
価格 ¥4,990
素材 そば柄・パイプ・ラテックス
公式HP ニトリ公式
楽天市場 楽天市場で購入

高さはもちろん、素材を自分好みにカスタマイズできるのが高評価!そば殻・パイプ・ラテックスの3種類から、好みの素材を選べます。さらに中材の量を変えることで、10か所の高さ調節ができるので、高さもばっちり

おすすめの使い方は、睡眠姿勢に合わせて高さを変えること。仰向けで使うときは低めに、横向きで使うときは高めに、切り替えるとよいですよ。

自分に合う枕が見つからないけど、オーダー枕は高くて手が出せないという方にピッタリの枕です。

肩こりを解消する枕(まくら)3|エアウィーヴの枕

airweave
浅田真央さんも愛用しているエアウィーヴの枕を紹介します。頭をしっかり支えたい方にぴったりの枕になっています。

エアウィーヴ
商品詳細 首楽寝
価格 ¥15,180
素材 エアファイバー
公式HP 公式サイト
Amazonリンク Amazonで購入
楽天市場 楽天市場で購入


エアウィーヴの枕は、反発力が優れています
。独自素材の「エアファイバー」は適度な反発力があるので、寝返りの負担を軽くしてくれます。

中材のシートがU字になっているのが最大の特徴。首にあたる部分の高さを使い分けられるので、頭をしっかりと支えてくれます。さらに中材は複数枚のシートになっています。寝心地を試しながら、シートを抜き差しして、理想の高さに調節できますよ

肩こりを解消する枕(まくら)4|トゥルースリーパー

セブンスピロー

トゥルースリーパーのセブンスピローは、頭から背中までの7つの部位を支えてくれる新感覚の枕です。

トゥルースリーパー
商品詳細 セブンスピロー
価格 ¥14,800
素材 ウレタン
公式HP 公式サイト
Amazonリンク Amazonで購入
楽天市場 楽天市場で購入

最大の特徴はその大きさ!縦68センチもあるので、胸の部分まで枕があるんですよ。

最初は慣れないかもしれません。しかし、頭から首・背中までにスキマができないので、首の負担が全くありません。

さらに首だけでなく肩・腕・背中といった上半身をすべて矯正してくれるところがうれしいポイント。枕1つで上半身を理想の睡眠姿勢に導いてくれますよ。

肩こりを解消する枕(まくら)5|RAKUNAの枕

RAKUNA

最後に紹介するのは整体師の方が作った枕です。首の気持ちよさを追求した寝心地抜群の枕になっていますよ。

RAKUNA
商品詳細 整体枕
価格 ¥6,990
素材 メルティフィットAir
公式HP 公式サイト
Amazonリンク Amazonで購入
楽天市場 楽天市場で購入

最大の特徴は立体形状になっていること!仰向け・横向け・うつぶせどんな姿勢でも、首肩の負担をやわらげてくれます。

実際に使ってみると、首がすっぽりとハマって気持ちいいです。真ん中がへこんでいるので、首が自然にカーブし、気道の圧迫感もありません。

睡眠姿勢を問わず、首の負担を軽減してくれるので、普段横向きや、うつぶせで寝る方におすすめの枕です。

肩こり対策の枕(まくら)まとめ

肩こり対策のポイント
  • 「首のS字カーブ」を保てる高さ
  • 使用感がよく「頭を支えられる」硬さ
  • 寝返りしやすい「首元安定型」の形状

肩こり対策として、理想の睡眠姿勢を保てる枕選びのポイントをまとめました。

Amazonや楽天、yahooなど通販で気軽に買うのもよいですが、個人的には店舗でフィッティングすることをおすすめしています

枕に慣れるまで1週間かかることもありますが、それは悪い睡眠姿勢を正しい睡眠姿勢に矯正しているから!気持ち悪さがなくなるとともに、肩こりも解消していることが多いです。あなたに合った枕を選んで、肩こりを解消していきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です