マットレス

RISE(ライズ)のスリープオアシスマットレスの口コミ評判を徹底解説!

スリープオアシスマットレス

睡眠環境を良くするのに最も影響があるのがマットレスや布団ですが、その中でもとくに人気があるのが高反発マットレスです。

高反発マットレスには腰の痛みを緩和したり寝返りをうちやすくしたりするなどの効果がありますが、さまざまな種類があるためどんなマットレスを選べばいいか悩みますよね。

  • 通気性が良くて、蒸れにくいもの
  • お手入れが簡単で丸洗いできるもの
  • アウトドアやスポーツでも使いたい
  • 硬いマットレスが好き

これらに当てはまる方はスリープオアシスマットレスがおすすめです!

本記事では人気のファイバーマットレスであるスリープオアシスマットレスについて口コミや評判を調べ、特徴や得られる効果、メリット・デメリットなどについて詳しくまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

下記で7/11までスリープオアシスなど全品半額のサマーセール開催中です!

スリープオアシスを50%オフでゲット!

目次

スリープオアシスマットレスを使った口コミと評判を徹底解説!実際に使ってどうだった?

RISE(ライズ)のスリープオアシスマットレスは丸洗いできるファイバーマットレスです。

マットレスは決して安い買い物ではないため、口コミや評判を調べてから購入を検討するのが良いでしょう。

そこで本記事では、ツイッターやインスタグラム、ショッピングサイトなどで実際にスリープオアシスマットレスを使っている人の口コミや評判を調査してまとめました。

スリープオアシスマットレスのツイッターの口コミ評判の一覧

ツイッターでスリープオアシスマットレスに関する口コミは上記のものがありました。

主にスポンサーのスポーツ選手の口コミが多かったですが、一般の方の口コミ評価も高い印象です。

良い口コミでは腰の痛みが軽減したことや睡眠の質が向上したという口コミが多く、悪い口コミはとくにありませんでした。

スリープオアシスマットレスのインスタグラムの口コミ評判の一覧

インスタグラムでのスリープオアシスマットレスに関する口コミは上記のものがありました。

アスリートが実際にスリープオアシスマットレスを使った感想では、マットレスが硬く沈み込みにくいことから腰の状態が良くなったという意見がありました。

その他にも、車中泊用にスリープオアシスマットレスを使っているという口コミもあり、寝心地の良さはもちろん丸洗いができる点が車での生活に適しているということでした。

スリープオアシスマットレスの楽天市場の口コミ評判の一覧

フローリングで使用したく購入しました。
他社の似たような三つ折りマットレスを使っていて、その隣に敷いています。
厚さ5cmが薄いかなと思っていましたが、寝てみるとそんなことはなく、しっかりとしています。
踏んだときしゃりしゃりした音はせず、沈み込まないのがよかったです。
まだ使い始めたばかりですが寝心地も良いです。
使わないときは立てておいていますが、厚さがそれほどないのでくにゃくにゃして少し立てづらいです(触らなければ倒れはしませんが、小さい子がいるのですぐ倒されてしまいます……)。
中材のお手入れやへたり具合などが今後気になりますが、今のところ寝心地も良く、満足しています。

低反発のマットレスがヘタってきたので交換を検討しているところでセールのこちらを発見。
この手の商品、最近流行りだけどカサカサ音が気になるなどを聞いていたのでちょっと心配だったけど、買い替えて良かったです! 今までは背中や腰のあたりが寝起きには痛くなったりしていたのが嘘のように楽になりました。案外しっかりしていてヘタるまでは快適に寝られそうです。
低反発の時は沈んで包まれるような感じでしたが、こちらの高反発は薄くてもしっかりしているので宙に浮くような?感じで寝返りも楽です。
予約した後で布団乾燥機NGの表記を発見して落胆しましたが、実際来た商品の説明書きを見ると布団乾燥機も電気毛布もOKとのことで助かりました。
後は耐久性がどのくらいあるかですね。5年は何とか使いたいなぁ~。

フローリングでそのまま使いたくて購入しました。これ1枚で底つき感は全く無く使用できます。ただ、折り目のとこはやはり沈んでしまい、気になるところです。お値段は非常にお求め易く嬉しかったです。
洗うために分解してみたら、中の透明な糸がポロポロ落ちてしまい、長持ちはしなさそうです。あと、戻すのが結構大変。値段を考えると仕方ない。
おまけで頂いた下に敷く除湿シートみたいなのがなかなかいい感じです。ありがとうございます。

楽天市場でのスリープオアシスマットレスに関する口コミはこのようなものがありました。

まとめると、良い口コミでは厚さの割に底つき感がなく、薄さは感じなかったことや高反発で寝返りがしやすいこと、値段を考えると概ね満足といった口コミが見られました。

悪い口コミでは、薄さが原因で立てかけにくいことや中材を洗った後に戻すのが大変なこと、中材が一部糸になって落ちてきたことなどがありました

スリープオアシスマットレスのyahooショッピングの口コミ評判の一覧

へたらない高反発マットレスを探しており、この商品に辿り着きました。
非常に高反発です。高反発と言うより、ほぼ沈み込みません。
床に置いて寝てみたのですが、少し硬すぎるかな?という印象。床付き感は感じませんが、硬いので床に寝ている時とあまり変わらない気もしましたが、身体への負担は無く痛みはありません。
横になる時、体重をかける時パリパリ?と言う音がするので、梱包材のプチプチの上に寝ている気分になります。耐久性は高そうなので安眠環境を整えていきたいです

正直固いです。 購入し始めて寝た夜は眠りが浅かったです。 これはこのまま使わずに手放すか、それでも数日使ってみるか、と使い続けると慣れるもので今では熟睡できるようになりました。 元々腰痛もちでそれの解消を期待していましたが、効果は出ているのか、微妙なところですがとりあえず悪化はしていない感じです。 人を選ぶ商品だと思いますが、類似の他社商品よりは安いので、その手のものを試したい方にはお勧めです。

以前からエアウィーヴを使ってみたいと思っていたところ、運良く宿泊したペンションで寝ることが出来たことで購入の決心がつきました。 しかし、エアウィーヴは高額で、ラインナップも多く迷っていたところ、こちらの製品を見つけました。 エアウィーヴよりもほんの少し厚みがあり何より半額以下。 こちらも元アスリートを広告に使っており、その点でも安心感がありました。 こちらはハードタイプですが、別のストアから購入した妻用のノーマルタイプより明らかに硬く私にはピッタリでした。 妻はやはりノーマルタイプで良かったとのことでした。 心配された底突き感は皆無ですし、表面に使用するカバーを使い分ければ通気性の良さが寒さになることもなさそうです。 慣れが必要な方もいるようですが、私は初日から快適でした。

yahooショッピングでのスリープオアシスマットレスに関する口コミはこんなものがありました。

硬いという口コミが多いですが、その硬さについては底つき感がないことや沈み込まず身体への負担がないなど好意的な意見がありました。

一方で、硬すぎて使いにくさを感じるものの慣れたら平気だったという口コミもいくつかありました。

同じファイバーマットレスであるエアウィーブと購入を悩んでいる方も価格の安さが購入の理由になっているようです。

スリープオアシスマットレスを使った人の口コミについてまとめ

  • マットが硬く、沈み込まないため腰の痛みが軽減した
  • アスリート用に作られているからか寝心地が良い
  • 丸洗いできるのが便利で、車中泊やキャンプにもぴったり
  • 立てかけるときは薄くて触ると倒れしまう
  • 寝返りが楽になった
  • 布団乾燥機が使える
  • 折り目の部分が気になるし、洗った後中材を元に戻すのが大変
  • 値段が安く、おまけで除湿シートがもらえるのが良い

スリープオアシスマットレスに関する口コミについてまとめました。今回口コミを調査した中で、とくに多かった口コミは腰の状態が改善したということです。

マットレスが硬いので、沈み込まず寝返りも打ちやすいということが腰に良い理由でしょう。また、ファイバー素材なので普通のマットレスと違い丸洗いできる点も高評価のポイントでした。

車中泊やキャンプをする方は衛生さがより重要になってくるため、定期的に中素材やカバーを洗えるスリープオアシスマットレスはアウトドアにも適しているようです。ただ、中材を洗ったあとにカバーに戻すのがちょっと大変という意見も見られたので、人によっては面倒くさく感じるようです。

そして、厚さが5cm(中材のみ)ですが、マットレス自体の作りがしっかりしているため底つき感がないところも人気でした。しかし、立てかけるときにはその薄さゆえに触ったらすぐ倒れてしまうこともあるようです。

スリープオアシスマットレスの口コミから分かった効果や特徴を解説!

今回の口コミ調査でRISE(ライズ)のスリープオアシスマットレスは、腰の痛みが減ったり睡眠の質が良くなったりするという口コミが多いことが分かりました。

また、そのほかにも丸洗いできる点や寝返りがうちやすくなる点などさまざまな良い口コミもありました。

ここでは口コミで得られた情報をもとに、スリープオアシスマットレスについて効果や特徴などを詳しく解説していきましょう。

スリープオアシスマットレスの特徴は?

  • 高反発で硬く、身体が沈み込みにくい
  • 体圧分散が良く、寝返りも打ちやすい
  • ファイバー素材なので通気性に優れている
  • 中材が丸洗いできて衛生的に使える
  • 他社の同じ素材のマットレスに比べて価格が安い
  • たくさんのスポーツ選手が愛用している

口コミ調査でスリープオアシスマットレスの特徴として上記のような点が挙げられます。

まず、特徴的なのは高反発性と硬さです。RISEのスリープオアシスマットレスでは中材に3次元構造ポリエチレンファイバーという通気性が非常に高く、反発性と弾力に優れている素材を使用しています。

また、睡眠の質を向上させるには寝ているときに体温を適度に下げることが必須なため、蒸れにくいマットレスであることが重要です。スリープオアシスマットレスは体温調節がしやすい素材でできているため、寝つきやすく暑さや寒さで起きるということが少なくなっています。

さらに、ほとんどのマットレスは中材を洗うことはできませんが、スリープオアシスマットレスなら中材を丸洗いすることが可能です。ずっと衛生的に使えるため、どんなに汚してもマットレスがへたるまでは確実に使うことができるのも利点ですね。

そして、スリープオアシスマットレスの特徴として価格が安いことが挙げられますが、これは製造工場が中国にあることが理由です。製造工場が中国であることに不安があるかもしれませんが、スリープオアシスマットレスの工場では機械での検品にくわえ人間が目視で仕上がりをチェックしています。カバーや中材、カバーと中材をつけた状態での検品にプラスして、マットレスを検品する専門家のチェックも入るため非常に高い安全性が保たれています。

商品の開発は元野球選手の桑田真澄さんやマラソンランナーの高橋尚子さんなど運動のスペシャリストにくわえ、医学博士や大学教授などの協力で行われています。スポーツ業界へのスポンサー協力も熱心で、さまざまなアスリートに自社のマットレスを使ってもらい、フィードバックを得ることでよりよいモノづくりに取り組んでいる企業です。

スリープオアシスマットレスの効果はどうだった?

  • 腰の痛みが少なくなった
  • 腰の張りが無くなった
  • 寝返りがうちやすくなった
  • 睡眠の質が向上した
  • へたりやすい腰の部分のマットレスを入れ替えられる

今回の口コミ調査で分かったスリープオアシスマットレスの効果として上記のものが挙げられます。

とくに多かった効果に関する口コミは腰の状態が良くなったということです。低反発のマットレスだと体重の重たい人や体格の良い方ほど身体が沈み込んでしまって、腰に負担がかかる寝姿勢になってしまいます。しかし、リープオアシスマットレスは高反発のマットレスなので理想的な寝姿勢を保ち、寝返りもうちやすくしてくれるのが特徴です。

また、マットレスは使っているうちに体重のかかりやすい腰の部分がへたってきますが、スリープオアシスマットレスは3つのパーツを入れ替えて長持ちさせやすくする効果があります。

スリープオアシスマットレスの口コミを調査してわかった悪い点

スリープオアシスマットレスのデメリット
  • 薄いから立てかけるときに触ると倒れしまう
  • 折り目の部分が気になる
  • 中のファイバー素材が少し崩れた
  • 体重をかけたときにシャリシャリ音がする

今回スリープオアシスマットレスの口コミを調査して上記のようなデメリットがありことが分かりました。

スリープオアシスマットレスは5cmと比較的薄いため、立てかけた際に触ると倒れてしまうことがあるようです。ただ、触った場合倒れてしまうだけなので、小さな子どもやペットが入れない部屋で立てかければ倒れてしまう心配は少ないでしょう。

また、スリープオアシスマットレスは三つ折りなので、折り目のないマットレスと違って溝ができてしまいます。そのため、マットレスカバーをつけるなどの溝を無くす工夫が必要です。

中材に関する悪い口コミだとファイバー繊維がポロポロ落ちてきたという口コミもありましたが、スリープオアシスクリーンシリーズは120日間の保証期間がついているため不良品の場合は新品と交換することができます。

ほかにもシャリシャリ音がするという口コミがありましたが、感じないという人の方が多かったため感じ方は人によるかもしれません。

スリープオアシスマットレスの口コミを調査してわかった良い点

スリープオアシスマットレスのメリット
  • 腰の痛みや張りが少なくなる
  • マットレスが硬くて沈まない
  • 寝返りをサポートしてくれる
  • 汚れたら丸洗いできる
  • 薄くて軽いから干すときに困らない
  • 布団乾燥機が使える
  • 値段が安い

スリープオアシスマットレスのメリットは硬くて体圧分散がしっかりしているため腰の負担が減ることです。

汗や皮脂などの汚れもマットレスカバーと中材の両方を洗うことができるため、衛生的に使用することが出来ます。洗った後も薄くて軽いため運ぶのも楽ですし、場所もとりません。布団乾燥機も風を直接当てなければ使用できるため、すぐに乾かすことも可能です。

そしてなにより同じファイバー素材を使ったエアウィーヴなどと比べると際立って安いのも口コミで評価が良かった点の1つです。

スリープオアシスマットレスの料金を商品別に比較しました

商品名 画像 料金(税込) 備考
クリーンアスリート スリープオアシスマットレス シングル以下:44,000円

セミダブル:55,000円

ダブル:66,000円

クイーン以上:88,000円

レギュラーより硬め
抗菌防臭加工カバー
吸水性と速乾性◎
中材の厚さ5cm
L字ファスナーで着脱が簡単
床に直置きもOK
中材のローテーションが可能
ネイビーとアイボリーの2色
除湿シートがもらえるキャンペーン開催中
クリーンレギュラー スリープオアシスマットレス シングル以下:41,800円

セミダブル:52,800円

ダブル:63,800円

クイーン以上:83,600円

スタンダードな硬さ
硬さを除き同上
腰かためマットレス スリープオアシスマットレス シングル:52,800円 基本的な機能に関しては同上
負担のかかりやすい腰部分のみ硬め
頭部と足部分のみ中材のローテーション可
腰部分は裏返して使うと長持ち
シングルサイズのみ
ベッドマットレス20.0 スリープオアシスマットレス シングル:88,000円

セミダブル:121,000円

ダブル:165,000円

ウレタンフォームマットレスに高反発ファイバーを組み合わせる
厚さはウレタン部分が17.5cmでファイバー部分が2.5cm
ファイバー部分は取り外して丸洗い可能
ウレタン部分とファイバー部分の組み合わせ方で4通りの寝方ができる
表面は吸水速乾・抗菌防臭に優れたソフトメッシュ
側面は通気性に優れたハニカムメッシュ
極厚ハイブリッドマットレス12.0 スリープオアシス シングル:66,000円

セミダブル:82,500円

ダブル:96,800円

ベッドマットレス20.0と同じようにウレタンとファイバーマットレスを組み合わせる
厚さはウレタン部分が9cmでファイバー部分が3cm
モバイルパッド スリープオアシスマットレス 60cm×75cm:9,900円 小型のモバイルパッドとして、スポーツや旅行に最適
収納ケース付き
ファイバー繊維で高反発、丸洗い可能
コンディショニングパッド スリープオアシスマットレス 60cm×180cm:19,800円

70cm×180cm:19,800円

青山学院大学陸上競技部の原晋監督の共同開発したトレーニング用パッド
旅行や遠征の際にベッドに重ねて使うことで睡眠の質アップ
中材とカバーが丸洗い可能
三つ折りにして専用ケースに収納可能
マットレスレギュラー スリープオアシスマットレス シングル以下:32,989円

セミダブル:38,489円

ダブル:43,989円

クイーン以上:65,978円

クリーンレギュラーの旧式モデル
クリーンレギュラーとの違いは弾力性と通気性
抗菌防臭機能もついていない
ネイビーのみ
アスリートモデルマットレスハード スリープオアシスマットレス シングル以下:38,500円

セミダブル:44,000円

ダブル:49,500円

クイーン以上:77,000円

クリーンアスリートの旧式モデル
クリーンアスリートとの違いは弾力性と通気性、清潔機能
ネイビーのみ

RISE(ライズ)のスリープオアシスマットレスで一番基本的なモデルはスリープオアシスクリーンレギュラーです。中材には3次元構造ポリエチレンファイバーを使用しているため通気性に優れているほか、高反発で弾力性にも優れています。

スリープオアシスクリーンアスリートはクリーンレギュラーより硬めに出来ているのが特徴で、体重の重たい方やスポーツをしていて身体のバランスに気をつけたい方におすすめです。

この2つのモデルにはスリープオアシスマットレスレギュラーとアスリートモデルマットレスハードという旧式モデルがあります。旧式モデルとの違いは、クリーンと名がつくように抗菌防臭機能が追加されている点と弾力や通気性、高反発性が改善されている点です。

ほかにもウレタンマットレスとファイバーマットレスを組み合わせたベッドマットレス20.0は、柔らかい寝心地なのでクリーンレギュラーなどの硬めのマットレスでは寝にくい人におすすめです。

また、スポーツをしている方に向けたスリープオアシスコンディショニングパッドやモバイルパッドは、ヨガマットなどでは薄すぎるという方でも底つき感がなく使えます。

スリープオアシスマットレスと他の人気マットレスを徹底比較

今回は同じファイバーマットレスを販売しているニトリのマットレスとアイリスオーヤマのマットレスと比較をしました。

ニトリのH3-02CR VH(カルファイバーマットレス)はスプリングとファイバーマットレスのハイブリッドで構成されています。カルファイバーと呼ばれる3次元ファイバースプリング構造体が高反発かつ高弾性をもっているため寝返りのうちやすいマットレスになっています。

スリープオアシスマットレスと違うのは厚みで、スリープオアシスマットレスが5cmなのに対してニトリのカルファイバーマットレスは29cmとかなり分厚いマットレスです。また、スプリングマットレスとのハイブリッドなので丸洗いすることはできません。

値段も大きい分高いので安くて小回りの利くマットレスが欲しい場合はスリープオアシスマットレスの方が良いでしょう。

アイリスオーヤマのエアリーマットレスはスリープオアシスマットレスと同じように、三つ折りになっているファイバーマットレスです。スリープオアシスマットレスとの違いは価格と使用しているファイバー素材です。

価格はアイリスオーヤマのエアリーマットレスの方が安く、使用しているファイバー素材は東洋紡株式会社が製造しているエアロキューブです。

一方スリープオアシスマットレスでは独自開発した3次元構造ポリエチレンファイバーを使用していて、アスリートや専門家との共同研究を重ねて開発したものになっています。

スリープオアシスマットレスとエアウィーヴのマットレスを比較してみた!

商品名 画像 料金(税込) 備考
クリーンレギュラー スリープオアシスマットレス

シングル以下:41,800円

セミダブル:52,800円

ダブル:63,800円

クイーン以上:83,600円

スリープオアシスのスタンダードな硬さ
ファイバーの厚さは5cm
硬さが同じ3つのパーツに分かれている
三つ折りにできるか溝がある
L字ファスナーで空けやすい
カバーも中材も丸洗い可能
エアウィーヴS02 スリープオアシスマットレス シングル:143,000円

セミダブル:161,700円

ダブル:180,400円

クイーン:199,100円

 

エアウィーヴのスタンダードモデル
エアファイバーの厚さは18cm
硬さが同じ3つのパーツに別れている
折り目無し
オープンファスナーで空けやすい
カバーも中材も丸洗い可能

エアウィーヴS03 スリープオアシスマットレス シングル:198,000円

セミダブル:220,000円

ダブル:242,000円

基本的な性能はS02と同じ
エアファイバーの厚さは20cm
エアファイバーの表裏で硬さが異なるのが特徴

ここではスリープオアシスマットレスの中でも一番スタンダードなクリーンレギュラーとエアウィーヴのスタンダードマットレスのS02とS03を比較しました。

結論、RISE(ライズ)のスリープオアシスマットレスとエアウィーヴのマットレスの主な違いは価格と厚さ、折り目の3点が挙げられるでしょう。

最も大きな違いは価格で、エアウィーヴはシングルサイズだとスリープオアシスマットレスの3倍以上でダブルサイズは約2.5倍ほど値段の差があります。そのため、コスパ重視の人はエアウィーヴよりスリープオアシスマットレスの方がおすすめです。

また厚みにも大きな差があり、スリープオアシスマットレスの厚みが5cmなのに対し、エアウィーヴS02は18cmでS03は20cmもあります。スリープオアシスマットレスは薄くても底つき感がないといわれるものの、体格の大きな方はエアウィーヴマットレスぐらい厚さがあっても良いかもしれません。

そして三つ折りか折り目がないかの違いもあり、スリープオアシスマットレスは三つ折りなためカバーをかけないとどうしても溝ができてしまいます。そのため、マットレスに溝を作りたくない人はエアウィーヴの方が快適に寝られるでしょう。

逆に、薄さと溝が気にならなければスリープオアシスマットレスは圧倒的にコスパに優れているためおすすめできます。

スリープオアシスマットレスのセールは行われている?

<お得にスリープオアシスマットレスを購入する方法>

  • サマーセールなどの季節のセールを活用する
  • 公式サイトの購入ページでもらえるすぐトククーポンを使う
  • RISE MEMBERSに新規入会した際にもらえる10%OFFクーポンを使う
  • 会員がお誕生月にもらえるバースデークーポンを使う
  • 生産終了が近いアウトレット商品を購入する

RISE(ライズ)では上記のようなスリープオアシスマットレスのセールが開催されたりクーポンが配布されています。

セール開催中は一部の商品が50%OFFになるなど大幅な値下げがあるほか、公式サイトを見ていると入手できるすぐトククーポンがもらえることもあるので、定期的に公式サイトを確認してセールやクーポンがないかチェックするのがよいでしょう。

また、スリープオアシスマットレスを販売しているRISEのメンバー会員になることで10%OFFクーポンとバースデークーポンがもらえるので購入を考えている方は会員登録するのがおすすめです。

最新のマットレスを買うことはできませんが、生産終了の近いアウトレット商品もあるため、旧式モデルでも良い方はアウトレット商品の特設ページをチェックしましょう。

スリープオアシスマットレスのアスリートとレギュラーの違いは?

商品名 画像 料金(税込) 違い
クリーンレギュラー スリープオアシスマットレス シングル以下:41,800円
セミダブル:52,800円
ダブル:63,800円
クイーン以上:83,600円
スタンダードな硬さ
2,200円安い
クリーンアスリート スリープオアシスマットレス シングル以下:44,000円
セミダブル:55,000円
ダブル:66,000円
クイーン以上:88,000円
レギュラーより硬め
2,200円高い

スリープオアシスマットレスのレギュラーとアスリートの違いは硬さと価格の2点です。

まず硬さですが、スリープオアシスクリーンアスリートの方が硬いので、体格の良い方やスポーツをしている人に向いています。

しかし、スリープオアシスクリーンレギュラーも高反発マットレスなので、硬めが好きな方でも十分満足できる硬さになっています。

価格についてはクイーンサイズ以上を除き、2,200円の差があります。クイーンサイズ以上は2枚のマットレスを組み合わせるので、スリープオアシスマットレスのアスリートとレギュラーでは4,400円の差があります。

硬さの好みや予算によってレギュラーとアスリートのどちらにするか選ぶのが良いでしょう。

スリープオアシスマットレスを使う際に気になるQ&A一覧

番号 質問
スリープオアシスマットレスに布団乾燥機は使えますか
スリープオアシスマットレスは寝ているとき音がしますか?
スリープオアシスマットレスは子どもにも使えますか?
スリープオアシスマットレスの洗い方は?
スリープオアシスマットレスの干し方は?

ここではスリープオアシスマットレスに関するよくある質問について詳しく解説していきましょう。

スリープオアシスマットレスに布団乾燥機は使えますか

スリープオアシスマットレスは熱に弱いですが、布団乾燥機の温風ぐらいだったら問題なく使うことが出来ます。

ただし、直接温風が当たると縮みが起きてしまう恐れもあるので、カバーをかけてから布団乾燥機を使いましょう。

スリープオアシスマットレスは寝ているとき音がしますか?

結論、音が鳴ることはなりますがほとんどの人は気にならない大きさです。

今回の口コミ調査でも寝るときに音が鳴るという方がいましたが、音が鳴ると聞いていたけど実際は感じなかったという口コミの方が多かったです。

公式サイトでも構造上音が鳴ることはあっても、聞こえにくい構造になっていると回答があります。

スリープオアシスマットレスは子どもにも使えますか?

スリープオアシスマットレスはお子様のマットレスにもおすすめです。

子どもは大人よりも寝返りの回数が多いため、高反発で寝返りのうちやすいスリープオアシスマットレスは適しています。

また、通気性が良いため蒸れにくく、暑さを感じにくい構造です。

そして、たくさん汗をかいたりおねしょをしてもカバーも中材もすべて丸洗いできるので、衛生的に使うことができます。

そのため、スリープオアシスマットレスは大人も子どもも問題なく使えるマットレスだといえます。

スリープオアシスマットレスの洗い方は?

カバーからマットレスを外したら、シャワールームで水洗いができます。

洗剤もご使用いただけますが、直接塗布せずに水に溶かしたものを使ってください。

マットレスをもんだりこすったりすることは変形や破損の原因にもなるため、洗い流すだけにとどめるようにしましょう。

洗剤の成分が残らないようによく洗い流したら、風通しの良い場所で陰干しをすれば完了です。

スリープオアシスマットレスの干し方は?

スリープオアシスマットレスに使われているファイバー素材は直射日光に弱い性質があります。

そのため、直射日光は避け、風通しの良い場所で陰干しすることが推奨されます。

スリープオアシスマットレスの基本情報

正式名称 スリープオアシスマットレス
会社名 ライズTOKYO株式会社
住所 東京都港区西麻布一丁目4番31号 アルト第1ビル2階
電話番号 03-6264-0563

スリープオアシスマットレスは東京都港区に本社を置くライズTOKYO株式会社から販売されているファイバーマットレスです。

ライズTOKYOでは国民的メダリストの高橋尚子さんと製品開発アドバイザー契約を結んだり、早稲田大学睡眠研究所との共同研究をしているなど商品開発に熱心な企業です。

スリープオアシスシリーズ以外にもスリープマジックシリーズやスリープナイスデイシリーズなどさまざまなマットレスが販売されています。

スリープオアシスマットレスについてまとめ

スリープオアシスマットレスについてまとめ
  • 腰の痛みや張りが少なくなる
  • 高反発性のマットレスで沈み込みにくい
  • 寝返りしやすいので子どもにもおすすめ
  • カバーも中材も丸洗いできるのが衛生的
  • 3つのパーツの位置を変えられるので一部分がへたりにくい
  • 高機能なファイバーマットレスの中では価格が安い
  • セールやクーポン、アウトレット商品などがあるためお得に買い物できる
  • 小さな音がしたり折り目が出来たりすることがある

本記事ではRISEのスリープオアシスマットレスについて口コミ評判を調べて分かった特徴や効果などについてまとめました。

スリープオアシスマットレスは高反発性があり硬いマットレスなので、寝返りしやすいほか理想の寝姿勢を保ちやすいので腰の痛みや張りを軽減するのに役立ちます。

また、お手入れも簡単でカバーも中材も丸洗いできますし、布団乾燥機で乾かすことも可能です。そして、負担のかかりやすくへたりやすい腰の部分も他のパーツと交換できるため、満遍なくマットレスを使うことが出来るのでへたりにくくなります。

価格についてもファイバーマットレスを使っているマットレスの中では安い方で、クーポンやセール、アウトレットなどを活用することでよりお得に購入することができます。

腰の痛みや寝姿勢に悩んでいる方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

下記で7/11までスリープオアシスなど全品半額のサマーセール開催中です!

スリープオアシスを50%オフでゲット!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA