マットレス

【保存版】高反発マットレスの人気おすすめランキングTOP10を徹底解説!

high-resilience-mattress-01.jpg

「睡眠でその日の疲れをリセットしたい」「寝つきが悪くていつも睡眠不足」と、眠りの悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたのお悩みを解決してくれるのが高反発マットレスです。高反発マットレスは「硬い」というイメージがあるかもしれませんが、決してそうではありません。寝心地の良さや寝返りの打ちやすさ、睡眠中に正しい寝姿勢を保てることで、起きたときのスッキリ感に感動を覚えるほど。

高反発マットレスは、今1番支持を集めているマットレスです。今回は、そんな高反発マットレスの人気ランキングや選び方、ポイントについて解説していきたいと思います。高反発マットレス選びで悩んでいる方は、是非参考にしてくださいね。

目次

高反発マットレスの選び方を3つのポイントで解説!

high-resilience-mattoress-02.jpg

高反発マットレスを選ぶときには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。毎日使うものだからこそ、妥協せずにポイントを押さえて購入したいですよね。

「高額だから良いマットレスだ」「流行っているから買ってみよう」と安易に考えて購入すると、失敗の原因になりますので注意してください。

高反発マットレスの選び方1.体圧分散に優れているか

high-resilience-mattress-03.jpg

高反発マットレスを選ぶ上での1つ目のポイントは「体圧分散に優れているのか」ということです。

体圧分散とは、マットレスに横になったとき、身体にかかる圧力が均等に分散されているかで判断できます。

体圧分散に優れていないマットレスで眠ると、腰ばかりに負担がかかってしまい、血流が悪くなったり浅い眠りになってしまうのです。

高反発マットレスの選び方2.通気性に優れているか

high-resilience-mattress-04.jpg

通気性に優れているかという点も重要なポイントとなります。特に夏場の暑い時期は蒸れやすく、カビやダニの原因にもなりまねません。

高反発マットレスに多く使用されているウレタンは、断熱材にも使用されている素材のため、通気性に不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし現在は様々な改良が施され、通気性に優れた商品が多く開発されています。

高反発マットレスの選び方3.ウレタン密度が高く耐久性に優れているか

high-resilience-mattress-05.jpg

ウレタン密度が高いマットレスは、耐久性に優れているので経年劣化やへたりの心配が少なくなります。

高反発マットレスのウレタン密度は「D(density)」で表記されており、高品質なウレタンを選ぶ時の目安は「30D」以上にすると良いでしょう。30D以上ウレタン密度があれば、10年間は使用できる目安になりますので参考にしてください。

「厚さがあればウレタン密度も高い」と思われがちですが、どれだけ厚さがあっても密度が低いマットレスもありますので注意が必要です。

高反発マットレス10社を3つのポイントで比較!

高反発マットレスを選ぶ際に重要な「体圧分散」「通気性」「ウレタン密度」について、比較していきます。

体圧分散で優れているのは「雲のやすらぎプレミアム」「NELLマットレス」「コアラマットレス」の3社のポイントが高いです。実際に使用した人からは「起きたときに疲れがリセットされている」「夜中に目が覚めることがなくなった」「入眠までの時間が短くなった」など、寝心地の良さに対する喜びの声が聞こえてきます。

中でも雲のやすらぎプレミアムは、独自の体圧分散である「新クロスクラウド製法」を取り入れ、朝まで理想的な寝姿勢を維持。まるで雲の上で眠っているような寝心地を実感できます。

通気性に優れていたのは「エアウィーヴ」「トゥルースリーパーセロ」の2つです。この2種類のマットレスは、高反発にもかかわらず中材を水洗いできるのが嬉しいですよね。特にエアウィーヴに使用されている「エアファイバー」は、抜群の通気性を誇っています。

通気性を重視する場合は、マットレスの厚さと、使用されている素材から判断するのが良いでしょう。ポケットコイルが使われているマットレスは蒸れにくく、カビやダニが繫殖しにくいです。

ウレタン密度に特化したマットレスは「エムリリー」「マニフレックス」「雲のやすらぎ」「コアラ」「モットン」「タンスのゲン」でした。中でもエムリリーのウレタン密度は50Dと、圧倒的な耐久性を誇っています。

高品質なウレタンを選ぶ際の基準は「30D以上」ですので、こちらの6社のマットレスは耐久性に優れ、へたりにくいと言えるでしょう。

しかしウレタン密度の記載がない商品や、コイルマットレスもありますので、あくまでも目安として考えるのがおすすめです。

【2022年最新】高反発マットレスの人気おすすめランキングTOP10!

high-resilience-mattress-06.jpg

高反発マットレスは、日々の暮らしをより快適にしてくれる重要なアイテムです。睡眠の質を上げることができれば、生活リズムも整い、健康で活気のある毎日になるでしょう。

ここからは「体圧分散」「通気性」「ウレタン密度(耐久性)」「厚さ」「価格」「保証」などの観点から高反発マットレスの人気おすすめランキングをご紹介します。マットレス選びに失敗しないためにも、是非参考にしてください。

高反発マットレス1位:雲のやすらぎプレミアム

high-resilience-mattress-07.jpg
料金 39,800円~
厚さ 17cm(5層構造)
タイプ 高反発スプリングマット
ウレタン密度 30D
硬さ 150N
備考  100日間の返金保証あり / 密度30D以上 /凹凸アルファマット/ 通気性抜群 / 安心の日本製 / 抗菌・防臭・防ダニ/楽天ランキング1位獲得

雲のやすらぎプレミアムは、体圧分散に非常に優れたマットレスです。17cmの厚さがあるので、床に直置きしても底付き感がないので、安心して使用できます。

カバーにも工夫が施され、夏はメッシュ・冬は羊毛と、温度に合わせてリバーシブルで使えるようになっているのでおすすめです。カバーは取り外し可能で、簡単に丸洗いできるのも助かりますね。

そして第三者機関で99.9%の復元力が立証されており、8万回寝ても厚さを維持できることがわかりました。5層構造も大きな魅力です。

あらゆる面で高い評価の雲のやすらぎプレミアムですが、価格は39,800円とほかの高級マットレスと比べてリーズナブルな設定になっているのが魅力です。100日間の返金保証が付いているので、お試しできるのも嬉しいポイント。

コスパ最強の雲のやすらぎプレミアムで、快適な睡眠を手に入れて下さいね。

雲のやすらぎプレミアムはこちら

高反発マットレス2位:エムリリー

料金 30,980円~
厚さ 11cm(二層構造)
タイプ 優反発・高反発ウレタンフォーム
ウレタン密度 50D
硬さ 70&140N(場所によって硬さを分けています)
備考  3年間の品質保証 / 密度50Dの圧倒的な耐久性/ 通気性抜群 / マンチェスターユナイテッードの公式サポーター / 累計販売1200万枚突破/デンマーク発祥

エムリリーは、世界各国で販売されている国際的寝具メーカーのマットレスです。マンチェスターユナイテッドと契約を結ぶなど、アスリートにも広く指示されています。

50Dの圧倒的な耐久性を誇っているので、へたりに強く、長く使用できるのが特徴です。累計販売1200万枚を突破しているのも頷けます。「とても柔らかいのに、反発力に優れている」のが特徴。

優反発と高反発ウレタンフォームを使用することで、高い通気性を保てます。

硬すぎず、柔らかすぎることのない「優反発」は、良心的な価格で上質な眠りを提供してくれるエムリリー独自の新素材です。

エムリリーはこちら

高反発マットレス3位:モットン

高反発マットレス「モットン」
料金 39,800円
厚さ 10cm
タイプ 高反発
ウレタン密度 30D
硬さ 140N,170N,280N(体重によって選ぶ)
備考  90日間の返金保証あり / 密度30D以上 / 通気性抜群 / 安心の日本製 / 万全のアフターサービス

モットンのマットレスは、福岡県で製造から販売まで手掛けています。2019年まで中国で生産されていましたが、現在は日本製です。(枕は中国で生産されています)

ショールームや実店舗で試すことはできません。しかし90日間の返金保証があるので、硬さが合わなかったり、思っていた寝心地ではなかった場合にも安心です。

モットンのマットレスは、独自開発のウレタンフォーム「ナノスリー」で作られています。体圧分散に優れ、身体全体を均等に支えてくれるので寝返りしやすいのが特徴です。

日本で初の「体重から硬さを選べる」方法が画期的。体重から、自分に合ったマットレスを選ぶことができます。入眠のしやすさにも定評があり、人気の高いマットレスです。厚さが10cmと薄めなため、直置きではなく、今お使いの寝具に重ねて使うのが良いでしょう。

モットンはこちら

高反発マットレス4位:NELLマットレス

nell-mattress
料金 75,000円~
タイプ 超高密度ポケットコイル
厚さ 21cm
備考 120日間の返金保証あり /10年間の耐久保障/ /高い通気性 / 上下裏表どちらでも使用可能 / サイズの品揃え豊富

NELLマットレスは、ウレタンではなく超高密度ポケットコイル使用の「コイルマットレス」です。21cmという厚さもあり、クッション性に優れていて、包み込まれるような寝心地を体感できます。

シングルサイズで75,000円と高額ですが、120日間の返金保証が付いているので、万が一自分に合わなかった場合も返品対応してもらえるので安心です。1734個のポケットコイルで身体全体を支えてくれるので、抜群のフィット感が癖になります。

通気性にも優れており、上下裏表どちらでも使用可能なリバーシブルタイプになっていますので、長くお使いいただけるマットレスです。

NELLマットレスはこちら

高反発マットレス5位:コアラマットレス

Koala Mattress 3D Layer
料金 69,000円~
厚さ 23cm(3層構造)
タイプ 低反発・高反発 MIX
ウレタン密度 30D
硬さ 上層80N,下層100N,ベース層160N
備考  120日間の返金保証あり /10年の品質保証/ 密度30D以上  / 優れた体圧分散 / 独自開発ウレタンフォーム

コアラマットレスは、SNSやテレビCMなどで話題となり、多くのファンから支持されているマットレスです。本社はオーストラリアのシドニー。2017年には日本のオフィスもオープンしました。

価格は少し高額になっていますが、120日間の返金保証や10年間の品質保証がついていて、アフターサービスも万全です。

厚さ23cm、抜群の寝心地、ふんわりと包み込まれるようなフィット感で最高のクオリティとなています。厚さが23cmのウレタンフォームですので、通気性の面で不安が残るため5位とさせていただきました。

コアラマットレスはこちら

高反発マットレス6位:トゥルースリーパー セロ

料金 27,280円~
厚さ 5cm(2層構造)
タイプ 高反発
備考  60日間の返金保証あり / 1年間の交換保証 / 通気性抜群で防ダニ使用 / 安心の日本製 / 水洗い可能◎/両面使用でき1年中快適

トゥルースリーパーセロは、ショップジャパンなどでテレビ放送されている有名なマットレスです。何といっても「洗える高反発マットレス」というのが特徴です。

多くの高反発マットレスは丸洗いができないので、通気性や衛生面で不安に感じる方もいるのではないでしょうか。しかしトゥルースリーパーセロは、お風呂場などで水洗いできますので、いつでも清潔な状態を保てます。

リバーシブルタイプになっていて、夏は「エアブリット面」、冬は裏返して「ファイバーブリッド面」を使用することで、年中快適に眠ることができるのです。リーズナブルな価格ですが、60日間の返金保証が付いているのも嬉しいポイント。

しかし、5cmという薄さがネックとなりますので順位は6位になりました。

トゥルースリーパーはこちら

高反発マットレス7位:タンスのゲン 男の高反発マットレス

料金 7,999円~
厚さ 10cm
タイプ 高反発
ウレタン密度 30D
硬さ 220N
備考  保証なし / 密度30D以上 / 通気性抜群  / 竹炭入りウレタンフォーム/収納しやすい三つ折りタイプ

タンスのゲン男の高反発マットレスは、体圧分散に特化した高反発マットレスです。硬さは驚異の220Nで、寝返りが打ちやすく、しっかり身体を支えてくれます。「男の」というネーミングになっていますが、女性も快適に使用できますのでご安心ください。

三つ折りタイプですが、10cmの厚みがあり、底付き感がありません。そして何より圧倒的なコスパの良さが魅力です。高反発マットレスで7,999円は驚きですよね。

ただし、保証は一切ついていませんので、7位という順位となりました。

タンスのゲンはこちら

高反発マットレス8位:エマ・スリープ(Emma Sleep)

料金 67,000円~
厚さ 25cm(3層構造)
タイプ 高反発
硬さ 第1層70N,第2層150N,第3層120N
備考 100日間の返金保証あり / 10年間の長期保証/送料&返送無料 /優れた通気性 / 形状記憶スポンジ / 2021年グッドデザイン賞受賞

エマ・スリープは睡眠先進国であるドイツで開発され、発売から300万人以上が体験し、いずれも高い評価を得ている高品質なマットレスです。2021年にはグッドデザイン賞を受賞し、日本でも注目を集めています。

25cmの厚さと滑らかな肌触り、疲れを感じさせない上質な寝心地で、朝まで熟睡できること間違いなし。

しかし、セールスポイントでもある25cmという厚さが、通気性や衛生面で障害となることもあります。直置きすると、カビの繫殖に繋がってしまうのです。エマ・スリープを使用するときには必ず湿気対策をし、すのこやベッド上に置いたり、除湿シートを使うなどの対策を取りましょう。

エマ・スリープはこちら

高反発マットレス9位:エアウィーヴ Z01

エアウィーヴ ベッドマットレスS01
料金 66,000円~
厚さ 9cm
タイプ 高反発
備考  30日間の返金保証あり / 3年保証/エアファイバー使用で通気性抜群 / 三分割ローテーションでヘタレに強い / 三つ折りタイプでコンパクトに収納/日本製/カバーはもちろん中材も洗える

エアウィーヴは、エアファイバー使用で通気性に優れた高反発マットレスです。90%が空気という独自構造のため、1年中快適な眠りをサポートしてくれます。体圧分散にも定評があり、寝返りをうっても肩や腰への負担が少ないのも嬉しいですね。

エアウィーヴのおすすめポイントは、カバーを洗えるのはもちろん、中材であるエアファイバーも水洗いできることです。ウレタンマットレスの大敵である、カビやダニの繫殖を防ぐことができ、いつでも清潔な状態を保てます。

普段のお手入れは、三つ折り状態のマットレスを、風通しの良い場所で立てかけておくだけです。直射日光には弱いので、陰干しにすると良いでしょう。

値段が66,000円と高額ですが厚さが9cmで、他のマットレスに比べて物足りない点、保証期間が3年と短めに設定されている点で9位となりました。

エアウィーヴはこちら

高反発マットレス10位:マニフレックス モデル246

料金 39,930円~
厚さ 16cm
タイプ 高反発エリオセル
ウレタン密度 31D
硬さ 170N
備考  12年間の長期保証 / 熱に強い / 高い弾力性 / イタリア製/ジャカードキルト採用/高い通気性/世界最大の寝具ブランド

マニフレックスは、サッカー日本代表の香川真司さんやメジャーリーガーの前田健太さんが愛用していることで注目を集めました。保証期間は驚きの12年。良心的な価格からは想像できない長期保証には、品質への絶対的な自信が窺えます。

熱に強いため、電気毛布や湯たんぽと一緒に使ってもマットレスを傷めることはありません。素材に使われている「エリオセル」は、マニフレックス独自の最先端高反発フォームです。

しかし、購入した人の中には合わなかったという人も。「硬すぎて寝つきが悪くなった」「起きたときに疲れが取れていない」など、硬めのマットレスが苦手な方には向きません。特に小柄な人や、女性には寝心地が悪く感じてしまうことがありますので、十分考えてから購入してください。

マニフレックスはこちら

高反発マットレスを買うなら雲のやすらぎマットレスが最もおすすめ!

high-resilience-mattress-08.jpg
  1. 17cmの厚み・5層構造でへたりに強い
  2. ふんわりした寝心地なのに、しっかり身体を支えてくれる
  3. 安心の100日間返金保証付き

1位に輝いた雲のやすらぎプレミアムは、17cmの厚みと5層構造で、まるで浮いているかのような感覚で眠ることができます。

寝返りをうっても身体に負担がかからない、独自の新クロスクラウド製法を取り入れているので「質の良い睡眠のおかげで、体調が良くなった」「寝つきが良くなり、朝はスッキリ起きられる」と大評判。

雲のやすらぎプレミアムで使用している凹凸アルファマットは、反発力・吸収性・耐久性に優れており、理想的な体圧分散を実現しています。

3万円台と、高反発マットレスの中ではリーズナブルな価格ですが、100日間の返金保証が付いているのも嬉しいポイントです。実際に使用してみなければわからないことも多いので、100日間試してみて自分に合わなければ返品できるのもメリットですね。

総合力の高さから「雲のやすらぎプレミアム」が1位になりました。高反発マットレスをお探しの方は、是非参考にしてください。

ニトリの高反発マットレスの口コミは?レビューは高評価?

high-resilience-mattress-09.jpg

ニトリの高反発マットレスの口コミや評判を調べてみました。手ごろな価格で購入でき、実店舗の多さも魅力です。

厚さ5cmの四つ折り高反発マットレスは4,990円~とお求めやすくなっています。1番高額なものでも厚さ17cmの三つ折りタイプ(ダブルサイズ)で、17,900円になっていますので、お財布にも優しいですね。

肝心の口コミですが、こちらは意見が分かれる結果となってしまいました。

  • 価格には満足している
  • 睡眠の質が上がった
  • 疲れが取れている気がする
  • 買って正解!自分に合っている

と、喜びの声が聞こえてきました。しかし、中には満足していない購入者も多かったです。

  • 1年使ったら、ヘタレがひどくて使えなくなった
  • 柔らかすぎてがっかり…本当に高反発?
  • 沈み過ぎて身体が痛くなる

と、不満の声も…個人差もありますが、ニトリの高反発マットレスの寿命は1~2年です。価格は、良心的ですが、買い替え時期も早まりそうですね。

西川の高反発マットレスは評判が良い?人気シリーズは?

high-resilience-mattress-10.png

西川の高反発マットレスも、体圧分散に優れていて、人気がある商品です。メジャーリーガーの大谷翔平さんや田中将大さん、サッカーの三浦知良さんなど、多くのアスリートが愛用していることで注目を集めています。

中でも「Air」は大人気シリーズ。点で身体全体を支えてくれる特殊立体構造で、睡眠中も血行が悪くなるリスクを減らし、朝まで理想的な寝姿勢を維持できます。起きたときに、身体が楽になったと感じる人が多いようです。

また、マットレス表面が凹凸形状なので通気性に優れ、夏でも蒸れる心配がありません。耐久性も抜群で、7~8年使用できます。

悪い口コミでは次のようなものがありました。

  • 凹凸が気になってよく眠れない
  • 匂いがどうしても気になる
  • 返品保証がないのでお試しできない

西川のAirマットレスは、身体にかかる負荷を軽減するために、多くの点(凹凸)で作られています。慣れないうちは表面の凹凸が気になり、眠りにくいと感じることもありそうです。

また、ウレタンの匂いが気になる方も。風通しの良い場所に立てかけたり陰干しすることで、匂いは軽減されますので試してみて下さいね。

三つ折りの高反発マットレスのおすすめメーカーは?

high-resilience-mattress-11.jpg

コンパクトに収納できる三つ折りタイプのマットレス。おすすめのメーカーはどこなのでしょうか。家庭で場所を取らずにしまっておけるのも嬉しいですが、車中泊やキャンプのお供にも三つ折りタイプは便利です。

寝心地や収納面、価格など様々な面を考慮しておすすめメーカーを3社選びました。

三つ折りの高反発マットレスのおすすめ3位:EMOOR

high-resilience-mattress-12.jpg

EMOOR(エムール)の高反発三つ折りマットレス「EMOOR LUXE」は、眠りを楽しむために開発された「ダンシング設計」が特徴の寝返りに特化したマットレスです。

200Nのしっかりとした硬さが特徴で、厚さは11cmと直置きしても底付き感なく使用できます。マットレスカバーをつけなくても問題ないよう、ジャガード織りが採用され、優しい肌触りで気持ち良く眠れるのもポイント。

耐久性にも優れ、ウレタン密度は32Nと優秀です。女性でも簡単に持ち運びできるよう、便利な取っ手が付いているので、収納するのも楽々。3色から好きな色を選べるのも人気のひとつと言えます。

シングルサイズの値段は15,990円で、自分用にもプレゼント用にも最適なマットレスです。

三つ折りの高反発マットレスのおすすめ2位:GOKUMIN

high-resilience-mattress-13.jpg

GOKUMINの三つ折り高反発マットレスは心地よい反発力、ウレタン密度、耐久性にも優れている大人気のマットレスです。三つ折りタイプでおすすめの商品は「プレミアムハイブリッドマットレス」。

厚さこそ6cmと、若干物足りなさを感じますが硬さは180Nでしっかり身体を支え、ウレタン密度は34D。耐久性もばっちりで、1年間の品質保証もついています。

驚きなのは、シングルサイズで8,980円という価格でしょう。高スペックでこの価格は大きな魅力です。コスパを考えるとかなり優秀ですね。ウレタン特有の匂い対策もされており、満足度の高い三つ折りマットレスになっています。

三つ折りの高反発マットレスのおすすめ1位:エムリリー

high-resilience-mattress-14.jpg

三つ折りマットレスのおすすめ1位は、エムリリーです。優反発と高反発が融合された寝心地は、柔らかすぎることも硬すぎることもなく、朝まで上質な眠りが続きます。

厚さ8cm、ウレタン密度は50Dで耐久性抜群です。硬さは140Nとなっています。高級なベロア風の生地を採用しているので、滑らかで心地よい肌触りを体感できるでしょう。

シングルサイズの価格は27,980円。3年間の品質保証がついているので安心してお使いいただくことができます。

高反発と低反発マットレス、どっちがいい?自分に合った選び方は?

high-resilience-mattress-16.jpg

マットレスを選ぶ際に気になるポイントと言えば「自分には、低反発と高反発…どちらが合っているのだろう?」ということですよね。

まずは、自分の好みを知ることです。どれだけ口コミや評判を調べても、自分には合わないということも十分に考えられます。柔らかいマットレスを好む人に高反発の200Nのマットレスを勧めても、寝心地が悪く眠れないと感じてしまいます。

反対に、硬くてがっしりと受け止めてくれるマットレスが好きな人に、ふんわりと柔らかい低反発マットレスは、合わないでしょう。まずは、実店舗で自分の好みを把握しましょう。

身体に痛みや不調を感じている人、姿勢が悪い人には、高反発マットレスがおすすめです。高反発マットレスは、体圧分散に優れていて、寝ている間も理想的な寝姿勢を保てるので、身体にかかる負荷が少なくなります。

耐久性を重視している方も、高反発マットレスを選ぶと良いでしょう。低反発マットレスに比べて、高反発マットレスはへたりに強いものが多く、長く使うことができます。

体重を目安として選ぶ場合、40kg以上の人は高反発マットレスを選ぶのがおすすめです。体重が40kg以下だと、高反発マットレスの硬さに身体が慣れず、痛みを感じたり寝返りがしづらかったりすることもあるので、参考にしてください。。

アイリスオーヤマの高反発マットレスは安くておすすめ?

high-resilience-mattress-15.jpg

アイリスオーヤマは、数多くの高反発マットレスを販売しています。値段もリーズナブルで、多くの人に愛用されていますが、評判はどうなのでしょう。

アイリスオーヤマのマットレスを選ぶ上で嬉しいのは、種類が豊富で低価格なことです。硬さや厚さも自分好みで選ぶことができ、ウレタン密度は35Dという高密度のマットレスもあります。

優れた耐久性で、体圧分散にも定評があり、リバーシブルタイプや三つ折りタイプなど用途に合わせて購入できるのが嬉しいですね。

実際に、アイリスオーヤマの高反発マットレスを購入した人からは喜びの声が聞こえてきました。

 

ウレタン密度の低いマットレスを購入した人の中には、耐久性に不満を漏らしている方も居ます。購入前にウレタン密度はしっかりチェックするのが良いでしょう。

高反発マットレスのおすすめについてまとめ

まとめ
  • 自分の身体に合うかどうかが重要。お試し期間があるマットレスはポイントが高い
  • ウレタン密度をチェックして、耐久性を確認
  • 通気性やお手入れのしやすさもチェック
  • 睡眠で疲れがリセットされるよう、体圧分散に優れたものを選ぶ
  • 返品保証や品質保証がついているかも要チェック

今回は、高反発マットレスおすすめTOP10についてご紹介してきました。様々な面から検証した結果、最もおすすめしたいのは「雲のやすらぎプレミアム」です。

高反発マットレスを選ぶ際には、口コミや評判も大切ですが、実際に自分に合うかどうかが最も重要です。実店舗で寝心地を体験できるものや、お試し期間があるものだと、安心して購入できますね。

耐久性に優れたマットレスを選ぶために、ウレタン密度が30D以上のものを目安として探してみましょう。個人差や使い方にもよりますが、30D以上のものは10年近く使用できると言われています。

高反発マットレスは、毎日使うものですよね。お手入れしやすいものや通気性の良いものを選んで、清潔な状態を保つことが大切です。定期的に立てかけて風通しの良い場所に置いたり、陰干しするなどのお手入れを心掛けて下さい。

返品保証や品質保証が付いていると、いざという時にも安心です。購入を検討するときには、必ず保証内容を確認するようにしましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。この記事が、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

高反発マットレスのランキングをもう一度見る!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA